Hi☆Five 林拓磨、大友海、大谷悠哉の3人が卒業公演 先輩マジプリも駆けつける

Hi☆Five 林拓磨、大友海、大谷悠哉の3人が卒業公演 先輩マジプリも駆けつける

 東海地区を拠点に活動する5人組ボーイズグループ・Hi☆Five(ハイファイブ)が1日、地元・名古屋の今池ガスホールで現体制最後の公演を開催した。本公演をもって、林拓磨(21)、大友海(21)、大谷悠哉(23)の3人が卒業し、今後は加藤大悟(21)と野口友輔(20)の2人体制で活動する。



【ライブ写真】笑顔で円陣を組むHi☆Fiveの5人



 5人体制ラストライブは、2019年のデビュー曲「We Are Hi☆Five」からスタート。約350人の観客と配信で見守るファンに全12曲を披露し、ファンに感謝の気持ちを届けた。



 ライブ中には、先輩グループ・MAG!C☆PRINCEの永田薫、大城光、平野泰新が駆けつけ、卒業する3人の門出を祝った。永田は「初めてできた後輩のHi☆Five5人と過ごせた時間がすごく楽しかった。これからもそれぞれ道は違っても5人が後輩であることは変わらないので、何かあればいつでも頼ってください」とエール。



 大城は「後輩になってくれたこと、ここまで駆け抜けてくれたことに感謝しています。初舞台をガイシホールで迎えたすごいグループで、後輩というよりライバルとして見てきました。どんな形でもそれぞれの決断はすばらしいと思うので、これからも先輩としてできることは何でもします。何かあったらいつでも連絡してください。何でもおごります!笑」と約束。



 平野は「初めてできた後輩で、歳の離れたメンバーもいて、最初は不安でした。ガイシホールでデビューしたところからずっと見ていて、どんどん成長してかっこよくなって…。僕らも負けないように頑張ろうと思うことができ、お互い尊敬しあいながらでここまで進んで来れました。これからも応援しています。僕もHi☆ボーイの一人です!」と伝えた。



 先輩からのメッセージをしっかりと受け取った5人は、MAG!C☆PRINCEの3人と共に「YUME no MELODY」を披露し、肩を組みながら「何度倒れたって、願いの限り行くんだ」と熱唱。「もしも僕が世界を変えれたら」では8人が横並びになってこぶしを掲げ、「もしも君が明日を変えたいなら 難題な問題 何万回 立ち向かおう さぁ行こう 最高が待つ未来へ」と歌った。



 本編最後には、5人で大切にしてきた「We Are Hi☆Five」を再び披露。アンコールでは「恋をしようJAPAN、「WE CAN FLY」の2曲で現体制での活動に幕を下ろした。



 卒業する3人は今後、TikTokで760万人超のフォロワーを擁する林は「はやたく」名義でソロ活動を行い、大友は俳優業に専念、大谷は芸能界を引退する。



■Hi☆Fiveメンバー全員コメント&セットリスト



▼加藤大悟



『Hi☆LIVEreproduction ~アリガトウの軌跡~』無事終了いたしました。

5人そろっての最後のライブ、本当にこれで最後です。

僕たちはこれからいろんな道に進むわけですけれども、とりあえずこのライブは走り切りました。本当にいろいろ感慨深いものがありましたし、何といっても5人で立てる幸せを、ラストですが、改めて感じることができました。



僕たちはこのような時代に生まれたグループですが、そんな中でもこうして5人全員がそろってステージに立ってお客様にエンターテインメントを届けて、Hi☆ガール、Hi☆ボーイの皆様にありがとうを届けることができる、本当にこんな幸せなことはないなと改めて実感することができました。支えてくださった皆様、本当に本当にありがとうございます。



そして、僕たちHi☆Fiveは、野口友輔と加藤大悟2人になります。

いろんなことがあると思います。挫折もすると思います。道を間違えることもあると思います。ですが、たとえどんな道だとしても、応援してくれるファンの皆様がいてくれる限り頑張れると思いますので、これからも新生Hi☆Fiveをぜひ応援してください。

よろしくお願いいたします。



▼野口友輔



5人での最終ライブが終了してしまいました。

僕のこの世界での始まりはHi☆Fiveですし、これからもHi☆ガール、Hi☆ボーイの皆様をより笑顔にできるように頑張っていくと同時に、卒業していった3人とも心はつながっているので、お互いに切磋琢磨しつつ頑張っていきたいなと思います。



これからのHi☆Five、卒業していく3人、そして野口友輔をどうぞよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。



▼大友海(卒業)



『Hi☆LIVEreproduction ~アリガトウの軌跡~』にご来場いただきまして誠にありがとうございました。これまで3年半、Hi☆Fiveとしての大友海を、そして5人を応援していただき本当にありがとうございました。僕はこれからもメンバー5人がとにかく大好きです。

卒業していきますが、送り出してくれた、そして背中を押してくれたメンバーへの恩返しは僕がこれから進むべき役者として結果を出して活躍することだと思っています。

これからも全力で駆け抜けてまいりますので、どうか応援のほどよろしくお願いいたします。

本日は誠にありがとうございました。



▼林拓磨(卒業)



『Hi☆LIVEreproduction ~アリガトウの軌跡~』にお集まりいただき本当にありがとうございます。僕はHi☆Fiveになる前の当初、元々TikTokで活動していたということもあって、受け入れてもらえるか心配で不安だった時もありました。でもそんな時に支えてくれたメンバー、そして「We Are Hi☆Five」のリリースイベントの初日にファンの皆様、Hi☆ガール、Hi☆ボーイの皆様に直接お会いした時に一気に肩の力が抜けたのをすごく覚えています。



皆さんの「はやたくー!」、「拓磨くん!」、「頑張って!」といった言葉を直接聞いた時になんて優しい方々なんだろう、なんて温かいファンの皆様なんだろうと思い、リーダーとして初めて自信が持てた瞬間でした。これからはHi☆Fiveを卒業という形にはなりますが、5人の絆は決して切れることはないですし、これからも良き友人として、良きライバルとして高みを目指して頑張っていきたいなと思っております。



個人の活動としましては、TikTokの投稿を頑張るとともに、新たなる可能性を見つけて俳優、バラエティ、SNSなど様々なジャンルで活躍できるよう精進していきたいと思っておりますので、引き続き温かい応援の程よろしくお願いいたします。



▼大谷悠哉(引退)



今日はご来場いただきありがとうございました。僕は8月1日のこのライブをもちましてHi☆Fiveを卒業し、芸能界を引退します。Hi☆Fiveは僕がアイドルをやりたいと言っていた中で、ようやくその夢をかなえることができたグループで、5人とも3年半の間共に頑張ってきて、番組やラジオなど色々な経験をさせていただきました。



僕は引退しますが、Hi☆Fiveは5人とも個性豊かで、「どこに行ってもこんなグループはない!」と思うほどHi☆Fiveはすごいなと思っています。

これからもHi☆Fiveの事を応援してあげてください。

ありがとうございました。



■Hi☆Five『Hi☆LIVEreproduction~アリガトウの軌跡~』

01. Overture

02. We Are Hi☆Five

03. YEAH

04. Heart Beat

05. In The Future

06. YUME no MELODY

07. もしも僕が世界を変えれたら

08. WE CAN FLY

09. SAKURA

10. Hello Hello

11. We Are Hi☆Five

【アンコール】

EN1.恋をしようJAPAN

【Wアンコール】

WEN1. WE CAN FLY
カテゴリ