『ガリレオ』SPドラマ追加キャストに村上虹郎&森七菜ら 渡辺いっけい&澤部佑の“おなじみ”出演者も

『ガリレオ』SPドラマ追加キャストに村上虹郎&森七菜ら 渡辺いっけい&澤部佑の“おなじみ”出演者も

 俳優・歌手の福山雅治が主演するフジテレビ系人気シリーズ「ガリレオ」の新作スペシャルドラマ『ガリレオ 禁断の魔術』が、9月17日に放送される(後9:00)。追加キャストが3日に発表され、村上虹郎、森七菜、中村雅俊、鈴木浩介、朝倉あき、平原テツ、そして『ガリレオ』シリーズおなじみの渡辺いっけい、澤部佑(ハライチ)の出演が決定した。



【写真】朝倉あき、中村雅俊ら豪華キャストも出演!



 東野圭吾氏の「ガリレオ」シリーズを原作に、福山主演で人気を博した連続ドラマ『ガリレオ』シリーズ(2007年10月期・2013年4月期)はドラマのみならず、劇場版として『容疑者xの献身』(2008年)、『真夏の方程式』(2013年)が公開され、ドラマ・映画とも大ヒット。そして、9月16日に映画第3弾となる『沈黙のパレード』の公開が決定。公開翌日の9月17日放送の本作は『沈黙のパレード』の事件の4年前に起きたある事件を描く。



 映画『沈黙のパレード』の事件の4年前、帝都大学の准教授・湯川学(福山)のもとを、刑事・草薙俊平(北村一輝)と部下の牧村朋佳(新木優子)が訪れる。フリーライターの長岡修(平原)が殺害された事件で、被害者の部屋から、突然倉庫の壁に穴が開くという奇妙な動画ファイルが見つかったのだ。その動画を湯川に見せると、湯川は珍しく興味を抱く。そして、殺害された男性が長岡だと話すと、湯川の表情は一変。長岡は殺害される数日前に湯川の研究室に訪れていたのだ。しかし湯川は、長岡が研究室に訪れたことを草薙と牧村には言わなかった。「映像が撮影された場所を見せてくれ」と話す湯川のただならぬ様子を気にかけつつ、草薙は牧村とともに現場へと向かう。



 村上が演じるのは、帝都大学医学部の新入生・古芝伸吾(こしば・しんご)。今作は、伸吾が帝都大学の准教授・湯川学のもとを、訪ねてくるところから始まる。湯川と伸吾は同じ高校の物理研究会の先輩・後輩という関係で、湯川は物理研究会のOBとして、高校生の伸吾に実験の指導もしていた。湯川はそんな伸吾が医学部に入学したことが意外だと話し、「君ほど優秀な人間なら、医療の分野でも人の役に立つ仕事ができるだろう」と伸吾の将来に期待を膨らませる。しかしその後、伸吾は帝都大学を入学直後に退学し、行方が分からない状態に。一体、伸吾に何があったのか。



 森が演じるのは、「クラサカ工機」という町工場の娘で高校生の倉坂由里奈(くらさか・ゆりな)。ある日突然、「クラサカ工機」に訪れる湯川。それは、伸吾が帝都大学を入学直後に退学し、「クラサカ工機」に就職したという情報をつかんだからだった。工場内を見渡している湯川に、制服姿の由里奈が声をかける。湯川に伸吾のことについて聞かれる由里奈だが、「私はそんなに親しくなかったので…」と返す由里奈。そんな由里奈に湯川は「警察が来ても僕のことは言わないでほしい」と意味深な発言をする。



 さらに今作は、実力派俳優陣が名を連ねる。中村が、茨城県・光原市で計画中の科学技術に関する公共事業「スーパーテクノポリス計画」を推進する代議士の秘書・鵜飼和郎(うかい・かずろう)、鈴木が「スーパーテクノポリス計画」の発案者で、元文部科学大臣の代議士・大賀仁策(おおが・じんさく)、朝倉が、村上演じる伸吾の姉・古芝秋穂(こしば・あきほ)、平原が「スーパーテクノポリス計画」の反対運動の中心的人物で、フリーライターの長岡修をそれぞれ演じる。



 そして、『ガリレオ』シリーズおなじみの人気キャラクターも登場。渡辺演じる湯川の助手・栗林宏美(くりばやし・ひろみ)は、フリーライターの長岡が殺害される前に研究室に訪れていたことを警察に言わず、本当のことを話さない湯川を不審に思う。澤部演じる刑事・太田川稔(おおたがわ・みのる)は、新木演じる後輩刑事の牧村に振り回されながら共に事件を捜査する。



 殺害される前に研究室に訪れていた長岡、そのことを警察に話さない湯川、警察が捜査をする中で、一人の重要参考人が浮上する。草薙の口から湯川に伝えられた重要参考人とは、湯川が将来を有望視し、弟子のような存在の古芝伸吾だった。殺害された長岡と重要参考人の伸吾、どちらとも面識がある湯川だが、草薙の質問に何一つ答えようとしない。今まで以上に湯川が何を考えているのかわからない草薙は困惑し、真実を話さない湯川に犯人説まで浮上。豪華キャストが演じるキャラクターが複雑に絡み合い、今までにない“湯川学”が描かれる。
カテゴリ