ゆきぽよ“仕事がなかった”1年をポジティブに回顧「終わり良ければ全て良し」「勝負は60年後!」

ゆきぽよ“仕事がなかった”1年をポジティブに回顧「終わり良ければ全て良し」「勝負は60年後!」

 タレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が、あす4日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ダウンタウンDX』(毎週木曜 後10:00)に出演する。ポジティブ芸能人たちが集うなか、“いろいろあった”ゆきぽよは、座右の銘として「終わり良ければ全て良し」を挙げる。



【番組カット】“ポジティブ芸能人”代表!?ポジティブオーラ全開なアンミカ



 今回は「人生楽しんだもん勝ち!ポジティブ芸能人大集合SP!」と題し、アンミカ、井上裕介(NON STYLE)、関根勤、武井壮、フワちゃん、もう中学生、ゆきぽよがゲスト出演する。それぞれポジティブな考え方をダウンタウンに明かし、人生を明るく生きるヒントを届ける。



 座右の銘にふれ、関根が「生まれてきました こんにちは」と生まれたこと自体に感謝を示すと、ゆきぽよは「終わり良ければ全て良し」だと言い、「死ぬ時に笑っていれば良い!勝負は60年後!」と語る。井上も「今を楽しく精一杯」、武井も「地球最高!」などと表現する。



 また、ゆきぽよは「いろいろとあって、一年仕事がなかった。無収入だったけど、励ましてくれる人もいた」と告白。すると、フワちゃんが「『ゆきぽよを励ます回』をやったんです」と明かし、「『ヤバい仕事なさすぎて、なんもしなくてめっちゃ太った~』って言ってた!」と思ったより元気そうだったと振り返る。さらに、松本人志が「どうやって食いつないでいたの?」と聞くと、ゆきぽよは「貯金、貯金」と笑わせる。
カテゴリ