Awesome City Club、オムニバスドラマ『モダンラブ・東京』主題歌を担当

Awesome City Club、オムニバスドラマ『モダンラブ・東京』主題歌を担当

 映画『花束みたいな恋をした』のインスパイアソング「勿忘」がヒットした、男女ツインボーカルの3人グループ、Awesome City Clubが、Prime Videoにて10月21日よりプライム会員向けに独占配信されるAmazon Original『モダンラブ・東京』の主題歌を担当することが発表された。あわせて楽曲の一部と、Awesome City Clubのコメントが入った特別映像が解禁となった。



【動画】Awesome City Clubのコメント映像



 同作は、2019年にアメリカで制作され、さまざまな愛をテーマに描き世界中で大きな話題を呼んだオムニバスドラマ『モダンラブ』の日本版。舞台を現代の東京に移した7つの物語(6つの実写作品と1つのアニメーション作品)から成り、水川あさみ、榮倉奈々、伊藤蘭、成田凌、永作博美、ハリウッド女優のナオミ・スコット、黒木華らが主演を務めることが決定している。



 「勿忘」では、離れてしまった恋人への想いを切ない歌詞と美しいメロディで表現し、世代を越えて多くの 共感を呼んだ。今回は、『モダンラブ』シリーズでゲイリー・クラークが歌う主題歌「Setting Sail」をアレンジした「Setting Sail ~モダンラブ・東京~」。「Setting Sail」の優しいメロディはそのままに、日本語の歌詞をAwesome City Clubのメンバー、atagiが手がけている。



 ショーランナー兼監督の平柳敦子(※柳=異体字)は「独自のオリジナリティーがあり、初めて聴いた際、素直に本作『すてき』と思いました。そして、とても日本らしさが出ている所がクールだと思いました。喜びとか、思慕、愛情がすごく詰まっているのですが、その表現の仕方が優しく、温かく、少しノスタルジックで。atagiさんが本作のテーマを汲んで作ってくださった日本語の歌詞もとても味わい深いと思います。

Awesome City Clubさんの柔らかい歌声と共に世界中の皆さんの心に響くと思います」と、感情表現豊かに仕上がった主題歌を絶賛している。



 解禁となった映像には、主題歌「Setting Sail ~モダンラブ・東京~」のワンフレーズが収められているほか、メンバー3人そろって登場し、「日本を代表する監督・俳優の方々が世界で話題のドラマを日本でローカライズするとても楽しみな作品の主題歌を、Awesome City Club が担当させていただくこととなりました。さまざまな愛の形を描くすてきなストーリーば かりで、そんな物語に寄り添うあたたかい楽曲になったと思います。ぜひ、作品と一緒に楽しんでいただければ光栄です」 と喜びを明かしている。



 また、歌詞についてatagiは「歌詞はドラマを一足先に観させていただき、 Awesome City Clubなりに解釈を深めながら作品を観ていただく方に寄り添えるように書きました」と話している。

カテゴリ