伊藤英明、撮影現場でバースデーサプライズ 目標は仲野太賀?「追いかけます!」

伊藤英明、撮影現場でバースデーサプライズ 目標は仲野太賀?「追いかけます!」

 俳優の伊藤英明が3日に47歳の誕生日を迎え、出演する日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)の撮影現場でサプライズ祝福を受けた。



【動画】林遣都&仲野太賀&松岡茉優 仲良し見せつけ『初恋の悪魔』に意気込み



 同作は、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『Mother』『Woman』などの人気脚本家・坂元裕二氏が送る小洒落(こじゃれ)てこじれたミステリアスコメディー。境川警察署に勤務し、現在は停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)、部署もバラバラで捜査権を持たない“ワケあり”4人が、それぞれこじれた事情を抱えながら刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する。



 物語の縦軸を貫く重要人物・雪松鳴人署長を演じる伊藤。この日は、星砂もいる悠日のマンションの部屋を雪松が訪れるシーンのリハーサル中、突然スタッフから「皆さん!8月3日は伊藤英明さんの誕生日です!」とサプライズ。大きな拍手が沸き起こり「署長!」の掛け声も飛ぶなか、伊藤は「ありがとうございます、ありがとうございます、皆さまお忙しい中、ありがとうございます」と恐縮しながら喜んだ。



 ケーキのろうそくの火を消したあと、松岡から「何歳になったんですか?」と質問された伊藤は「47?48?この年になると分からなくなるんだよ」と、予想以上に早いお祝いに心の準備が間に合わなかった様子。



 ケーキに書かれた数字を見た仲野から「47歳です」と言われた伊藤は「仲野太賀のような俳優になりたいです。追いかけます!」と話し、仲野は「なんですかそれは!やめてください」と返し、大きな笑いに包まれた。



 伊藤は「すばらしい現場で、すばらしい俳優仲間、スタッフに祝ってもらいうれしいです。この現場での経験を糧(かて)に、これからもいい俳優になれるように一生懸命、精進していきたいです」と抱負を掲げ、猛暑での撮影が続く中、俳優仲間との結束、さらに“チーム初恋の悪魔”としても団結をさらに強めたバースデーイベントとなった。
カテゴリ