乃木坂46新曲MVで賀喜遥香が衣装10変化 与田祐希が齋藤飛鳥を起こすレアエピソードも

乃木坂46新曲MVで賀喜遥香が衣装10変化 与田祐希が齋藤飛鳥を起こすレアエピソードも

 アイドルグループ・乃木坂46の30thシングル「好きというのはロックだぜ!」(8月31日発売)のミュージックビデオ(MV)が4日、YouTubeで公開された。



【写真10点】センター賀喜遥香のソロカットなどMV場面写真



 7月上旬に撮影されたMVのコンセプトは「この夏休みに何をするのか?」の脳内プレゼン。新設された羽田空港第2ターミナル国際線出発ロビーやスタジオで、センターの賀喜遥香が「あれもしたい!」「これもしたい!」と、なかなか決められない姿が描かれている。



 ダンスシーンは小刻みにジャンプする箇所が多く、メンバーは汗だくになりながら撮影。賀喜が着用した衣装は10パターンもあり、これまでのMV撮影で最も着替えが多い作品になったという。



 また、メンバーの会議シーンは最後の撮影となったうえに時間が長引き、休憩中にはメンバーが次々と居眠り。撮影が再開する直前、普段は起こされる側が多い与田祐希が齋藤飛鳥を起こし、これまでに誰も見たことがないというほどレアなほほ笑ましいエピソードもあった。



 今作は、乃木坂46の作品では「Route 246」「全部 夢のまま」「I see…」などを手がけた映像ディレクターの神谷雄貴氏(maxilla)が監督を務めた。

カテゴリ