ラブライブ声優・小宮有紗、小悪魔的な社長夫人役に 『遺留捜査』で事件の鍵を握る難役に挑戦

ラブライブ声優・小宮有紗、小悪魔的な社長夫人役に 『遺留捜査』で事件の鍵を握る難役に挑戦

 俳優で声優の小宮有紗が、11日放送のテレビ朝日系木曜ミステリー『遺留捜査』(毎週木曜 後8:00)第5話に出演し、フリマアプリ運営会社の社長夫人で、事件の鍵を握るキーパーソン・若尾恵美を演じる。



【場面カット】絶妙な甘さで小悪魔な社長夫人をキュートに演じる小宮有紗



 小宮は2012年、18歳のとき『特命戦隊ゴーバスターズ』(テレビ朝日系)の宇佐見ヨーコ/イエローバスター役に抜てきされたのをきっかけに、映画、ドラマ、舞台に多数出演。2015年にはアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ダイヤ役で声優デビューし、劇中ユニット・Aqours(アクア)のメンバーとしても活躍している。



 本作では、小悪魔的な社長夫人・恵美香をキュートに演じる。美しく人懐っこい恵美香はひたすら無邪気そうに見えるが、笑顔の裏にどんな秘密が潜んでいるのか。“さじ加減”の難しい役どころを、絶妙な甘さと軽やかさで演じている。



 第5話では、路地裏の大型ゴミ箱から男性の遺体が発見される事件が発生。被害者は長期滞在中のシンガポールから1週間前に帰国したことが判明した。臨場した糸村聡(上川隆也)はその所持品の中に、先端に穴の開いた奇妙なプラスチック片があるのを見つけ、いったいそれが何なのか疑問を抱く。



 まもなく被害者は、人気フリマアプリを運営するベンチャー企業“ヌボル”の創業者であることもわかる。ヌボルは個人情報流出問題で大揺れしており、創業者である被害者は10年前、自分を追い出した現社長・若尾峻(石黒英雄)から会社を取り戻しに来たものと推察。しかも帰国直後に若尾の妻・恵美香(小宮)と会っていたことが発覚したのだが、失墜した創業者と、自らを追い出した現社長の妻の関係は何なのだろうか。
カテゴリ