オールホワイトでクリーンなReebok最新スニーカーが気になる!届くまでデザインがわからないってドユコト?


アスレチックライフスタイルブランドの「Reebok(リーボック)」が、カナダ発のデザインスタジオ「JJJJound(ジョウンド)」とのコラボレーション第4弾を発表。



80年代に人気を博したコートシューズを採用した、「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ(ジョウンド リーボック エヌ ピー シー ツー)」が8月5日(金)に発売されます。



オールホワイトでクリーンな「Reebok 1985 NPC」を採用



「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ」スニーカーを履く足元



80年代の大人気コートシューズとして名を馳せた、オールホワイトの「Reebok 1985 NPC」。



クリーンなラインと独自のカップソールが特徴的で、クラシックな印象ながらゆったりとした履き心地が叶うそうですよ。



このたびReebokが4度目のタッグを組んだ「JJJJound」は、2006年にスタートしたデザインスタジオ。



今回は「Reebok 1985 NPC」モデルを採用し、“日常生活にピッタリなシンプルなシルエットのスニーカーを作ること”をテーマにスニーカーをデザインしたといいます。



側面にはメタリックカラーの「JJJJoundロゴ」が入っていて、シャープな印象も感じられますね。



複数の部品パターンを組み合わせた、特別なスニーカー



「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ」スニーカーのアップ



このたび登場する「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ」(税込1万8000円)の特徴は、パーツの色や素材がものによって異なるところ。



例えばある1足のソールは『パールホワイト』だけれど、別の1足には『マシュマロ』カラーが採用されているなど、アイテムによって違いがあるんです。



その違いは微々たるものですが、それらがランダムに組み合わさることで、さまざまなバリエーションに。



「JJJJound」によると、“見分けがつかないほどリアルな不協和音は、同じアイデアに多様なバリエーションを生み出す”とのこと。“完璧ではない、偶然の産物”を意識して作られたそうですよ。



家にどれがくるか分からない?届くまでワクワク!



「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ」スニーカーの底



そうして複数のパターンによって作られるスニーカーが、購入者のもとへランダムに発送されるんだとか。家に届くまでどのパターンがくるか分からないという、ワクワク感も楽しめますね。



「JJJJOUND x Reebok NPCⅡ」スニーカーを履く足元



サイズ展開は22.5cm〜31.0cm(30.5cmはなし)。



リーボック オンラインショップとリーボック クラシックストア 原宿のほか、一部リーボック取扱店にて発売されます。



特別な一足をゲットして、足元をクリーンな印象に仕上げてみては?



Reebok公式サイト

https://reebok.jp/



カテゴリ