『ナイナイANN』歌謡祭に“シン・ジョイマン” 横浜アリーナの大舞台に登場

『ナイナイANN』歌謡祭に“シン・ジョイマン” 横浜アリーナの大舞台に登場

 お笑いコンビ・ナインティナインがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜深1:00)の番組イベント『オールナイトニッポン55周年記念ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭』が、10月30日に横浜アリーナで開催。4日深夜の放送で、第2弾アーティストが発表され、ジョイマン改め「シン・ジョイマン」が出演することが決定した。



【写真】鈴木福、岡村隆史との“身長対決”最後は「ズルドロー」



 岡村隆史は、シン・ジョイマンの出演について「(先日、番組に)ジョイマンが出ていただいたと思うんですけど、本当はシン・ジョイマンということでいきたかったんですけど、鈴木福くんも出てくれはるっていうことになりまして(笑)。ちょっと、シン・ジョイマンのお披露目があまりできなかったというか、そんなことになって。本人らも、不完全燃焼やったんじゃないかと。それやったら、横浜アリーナの大舞台で披露しようじゃないか」と出演の意図について説明。



 鈴木福とともに番組出演を果たした際、池谷はリスナーからの投稿をきっかけとして“フィット竹村”への改名を勧められる展開となったが、この日の放送では、岡村から「この番組で、フィット竹村って言いすぎて、悩んでいるようで…」と明かされると、矢部は「ホンマにフィットしたんですよ(笑)。そんなに悩まないで」と呼びかけていた。



 今年10月に放送開始55年目を迎える『ANN』の中で、1994年4月からスタートした『ナイナイANN』は、歴代最長となる放送開始23年目を迎えている。番組開始20年半となる2014年9月に矢部浩之が番組を卒業、岡村隆史が1人で『ANN』を担当していたが、20年5月に矢部が電撃復帰を果たし『ナイナイANN』として再始動した。20年10月22日深夜の放送では岡村隆史が結婚を生放送で発表し、今年4月7日深夜の放送では子供が誕生したことを番組リスナーに報告するなど、ヘビーリスナーたちからも絶大な支持を受けている。



 今回の歌謡祭は、『ANN』の放送開始55周年を記念して開催するイベントとなる。ナインティナインの2人がそろい立つアリーナイベントとしては、昨年10月に行われた歌謡祭以来2回目。今回も、ナインティナインの“ふたり”だからこそ開催できる特別なイベントとして、番組ゆかりの歌とトークを中心に、番組でも話題のゲストが多数登場する予定で、番組リスナーなら思わずニヤリとしてしまうような盛りだくさんの内容を企画中だ。



 6月30日深夜の放送ではイベントの開催、さらにイベントに出演する第1弾のゲスト5組も発表された。番組では“カリスマボイストレーナー”のキャラクターでおなじみの秋山竜次(ロバート)、5月に初めて番組ゲストとして登場し『ANN』のパーソナリティー経験者でもあるT.M.Revolution・西川貴教、さらに、来年9月に結成30周年を迎えるTRF、年末の名物企画「岡-1グランプリ」の常連であるミキ昴生(女子高生のイントネーション)、番組のエンディングテーマを歌っている若手バンドのネクライトーキといった豪華なメンバーがゲスト出演する。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ