戸田恵梨香&永野芽郁の母娘を絶賛 映画『母性』原作者・湊かなえ「完成度の高さに喜び」

戸田恵梨香&永野芽郁の母娘を絶賛 映画『母性』原作者・湊かなえ「完成度の高さに喜び」

 俳優の戸田恵梨香と永野芽郁が母娘役を演じ、廣木隆一監督が映画化した『母性』(11月23日公開)の原作者である小説家・湊かなえ氏が、完成した映画を鑑賞した感想コメントを発表。「完成度の高さに喜びしかありません」と激賞している。



【画像】真逆の証言に惑わされそうな場面写真



 2010年に映画興行収入38.5億円を記録した映画『告白』の原作小説で、「第6回(2009年)本屋大賞」を受賞して以来、数々の傑作を生み出してきたベストセラー作家・湊かなえ。今回、映画化された「母性」(新潮文庫)は、自ら「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」と言い表したほど、湊氏こん身の一作とされる。



 これを映画化した本作で、ある未解決事件の語り手となる母娘を演じた、戸田と永野。さらに、物語に登場するひと際キャラの濃い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが演じる。



 完成した作品を鑑賞した湊氏は、「完成度の高さに喜びしかありません。戸田さんの鬼気迫る演技に鳥肌が立ちました。永野さんの表情での演技もすばらしかったです。大地さん、高畑さんはじめ、女優の方々おひとりずつの演技がすばらしく、またそれらが化学反応を起こすかのように、作品全体に深みや広がりを与えている。エンターテインメント作品のおもしろさと、芸術作品の感動が融合した作品になっていると思います」と、その仕上がりはもちろん、俳優陣が魅せる迫真の演技にも感激し、絶賛している。



 また、本作で<娘を愛せない母親・ルミ子>を演じた戸田と、<母に愛されたい娘・清佳>を演じた永野の場面写真も解禁。本作では、母と娘の不穏な関係性が、事件にまつわる2人の視点の違いととも描かれ、大きな見どころのひとつとなっている。母の証言では「娘を強く抱きしめた」というシーンがある一方で、その同じ場面を娘は「母に首を絞められた」と証言する。



 そんな真逆の証言に終始惑わされるであろうことを予想させる場面写真ばかり。”母性”を巡る<1つの事件>と、母と娘<2人の食い違う証言>によって浮かび上がる衝撃の物語の全貌を、確かめずにはいられない。
カテゴリ