チェ・ウシクのアクションにも注目 佐々木譲の小説を韓国で映画化『警官の血』予告編

チェ・ウシクのアクションにも注目 佐々木譲の小説を韓国で映画化『警官の血』予告編

 「このミステリーがすごい!」2008年版・第1位に輝いた、佐々木譲による警察小説を韓国で映画化した『警官の血』(10月28日公開)の予告編とポスタービジュアルが公開された。



【動画】韓国映画『警官の血』予告編



 同作で描かれるのは、警察組織の闇。一人の警官の死をきっかけに、事件の黒幕として疑いがかかるエース刑事の身辺調査に乗り出す新人刑事。潜入捜査をする中で、警察内部の秘密組織と隠蔽された不正行為、そして殉職した警官の父の真相に迫っていく。彼を待ち受けるのは、予想を裏切る陰謀。たどり着いた先にある“真の警官”の姿とは?



 本予告では、亡き父の“警官の血”が流れる若き刑事チェ・ミンジェ(チェ・ウシク)が、裏社会とつながり、高い検挙率を誇る汚職刑事パク・ガンユン(チョ・ジヌン)の内偵調査を頼まれるシーンから始まる。警官とは思えない暴挙を振るい、違法捜査を繰り返すガンユン。その隣で正義とは何かを追い求めるミンジェが、警察組織の闇、そして、父の死の真相にも触れていくさまが収められている。



 映像のラストではチェ・ウシクによる怒とうのアクションが映し出され、「全てを欺(あざむ)け。悪に手を染めて――」というキャッチコピーで終わることから、予測不能な展開の先にある衝撃のクライマックスにも期待がかかる映像となっている。



 あわせて解禁されたビジュアルは、凛々しい表情で背中合わせに並ぶデザインで、異なる信条を持つ2人の警官の存在感がひしひしと伝わってくる。

カテゴリ