「BROSTOKYO」にて「サラダ定額制」のデリバリーサービスを開始

「BROSTOKYO」にて「サラダ定額制」のデリバリーサービスを開始


Bros&Associatesは、傘下のフィットネスジム複合の健康志向カフェ「BROSTOKYO(ブロストウキョウ)」にて、サブスクリプションサービス「サラダ定額制」のデリバリーサービスを8月1日(月)より開始した。


料金は、22,000円(税・配達料込み)で配達範囲は、店舗から半径2km圏内となる。

注文の流れ


「サラダ定額制」の注文の流れを紹介したい。


まずは、「ジム飯アプリ」をDLし、会員登録をする。トップ画面の「サラダ定額制」から「サラダ定額制 for Delivery」を選択し登録。

なお、ランチの注文は前日20:00~当日10:59、ディナーの注文は13:00~7:59までに行おう。

5種類のサラダ・5種類のライスボウルの中から1品選ぶ(トッピングは最大330円分無料)。


その後、カートに入れ、合計金額からサブスクが適用されていることを確認し、登録した住所に商品が届くのを待つだけだ。

“メタル小松菜”と適量な調味料使用


「BROSTOKYO」のサラダのメインの葉野菜にはベジフルファーム社の、ヘビーメタルを聴かせて育てた“メタル小松菜”を使用している。小松菜は、緑黄色野菜のため栄養価も高く、食味も良いと大変好評だ。

同店は、極端な糖質制限にアンチテーゼを唱える立場にある。健康第一に、楽しいダイエットライフを送るためにも、適切な量の糖質は必要であると考えるという。必要以上の糖質を摂りすぎず、また盲点になりがちな塩分もカットする手法で調理を行っている。

食味・食感を良くして満腹感を演出


同店のサラダは、歯ざわりが良く、食物繊維豊富な緑黄色野菜を多用することにより、咀嚼回数を増やし、サラダでも十分に満腹感を得られると男性の利用者からも評価されているという。また野菜の彩り、素材の香りを大事に、五感で楽しみながら食事できるように工夫している。

さらに、サラダのトッピングとしては一風変わった、トリュフパウダーやポーク・カルニタスなど、様々なトッピングで世界に一つだけのオリジナルサラダを作ることができる。トッピングを変えることにより、飽きずに毎日サラダが食べられる。

すべてのメニューに栄養価計算付き+食事が楽しくなるパッケージ


「BROSTOKYO」では1g単位で計量しながら作っているため、正確な栄養価計算を表示している。日々自分がどれくらい食べているのかを把握することはダイエット中のみならず、健康的な食生活を送る上でとても重要であると考えているためだ。

“ヘルシーはカッコいい”をモットーに一流のグラフィックデザイナーを起用し、パッケージ材のデザインにも力を入れている。健康的でおいしいサラダを食べる体験を、おしゃれなパッケージデザインにより演出している。

また、同店ではサラダ製造ラインの工夫により、1つのサラダを作るのにかかる時間、平均1分30秒を実現している。誰にとっても時間は貴重であるという発想のもと、1秒でも早く提供できるよう日々努力しているという。

「BROSTOKYO専用ジム飯」アプリをダウンロードして、「サラダ定額制」を試してみては。

BROSTOKYO公式サイト:https://brostokyo.com/
BROSTOKYO専用ジム飯アプリ:https://app.adjust.com/2amcugo
カテゴリ