『私が女優になる日_』2代目グランプリは16歳・幸澤沙良「人生の中で一番うれしい」秋元康氏も絶賛

『私が女優になる日_』2代目グランプリは16歳・幸澤沙良「人生の中で一番うれしい」秋元康氏も絶賛

 全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成することを目的としたTBSの演技バトル番組『私が女優になる日_ season2』最終ラウンドの視聴者投票が7日、生放送で行われ、応募総数約5500人から神奈川県出身の16歳・幸澤沙良がグランプリに輝いた。



【写真】トロフィーを受け取り涙を浮かべる2代目グランプリ・幸澤沙良



 同プロジェクトは、大手芸能事務所の田辺エージェンシー、坂道グループのプロデューサーで作詞家の秋元康氏、そして『半沢直樹』『ドラゴン桜』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』『着飾る恋には理由があって』など同局のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣が参画し、メンバー選出からデビューまで全面的にサポートしていく。



 幸澤は、ファイナリスト16人を決める最初の視聴者投票で、セミファイナリスト30人の中から3位で通過し、第1ラウンドでの異種パフォーマンス対決では、初挑戦ながら「ライブペインティング」を披露し、見事勝利。第2ラウンドでは、世界的映画監督の是枝裕和監督が演出・撮影・編集を手掛けるショートドラマで【グループ演技対決】に挑んだ際には、視聴者投票で3位になった。



 そして、最終ラウンドの【個人演技対決】で等身大でリアルな、視聴者の心を引き込む演技を見せ、TBSドラマ主演デビューの座をかけた熾烈な争いを勝ち抜いた。視聴者投票の結果が発表され、総合プロデューサーの秋元康氏からトロフィーが授与されると、大粒の涙を流し「色々なことがあったけれど今はやってよかったですし、本当にうれしいです。ありがとうございます!」とうれしさを表現した。



 生放送後、幸澤は「今までの人生の中で一番うれしいです。正直あまり自信がなかったので本当にびっくりしましたが、ようやく憧れた場所に来られたんだなと実感しました」と、改めて喜びを噛み締めた。秋元氏は「皆さんも見てて感じたと思いますが、彼女の素直さと吸収力というものをとても感じました」と幸澤の魅力を語った。



 スペシャルサポーターのニューヨーク・屋敷裕政は「ファイナリストみんなで戦ってきたという仲間意識がすごいあったんやろうなと感じて、すてきな4人やなと思いました」、嶋佐和也も「僕たちもたくさんパワーをもらいました。幸澤さん、悪いヤツには気をつけてね(笑)」とコメント。同じくスペシャルサポーターの高山一実は「半年間の頑張りをずっと見てきたので、これからも本当に応援しています!」とエールを送った。



 グランプリに輝いた幸澤は、10月スタートのTBS新ドラマ『差出人は、誰ですか?』で主演デビューを飾る。ドラマ初出演にして初主演をはたす本作は学園ヒューマンミステリー。企画・原案は本プロジェクトの総合プロデューサーである秋元氏が担当し、共演には、最終ラウンドでも同級生を演じた櫻井海音が決定している。さらに、2019年にデビュー後、『おじさんはカワイイものがお好き。』(YTV)や金曜ドラマ『恋する母たち』など話題のドラマに立て続けに出演している若手注目俳優・藤原大祐も出演。本作の詳細は8日に発表される。



●出演者コメント



<幸澤沙良>

今までの人生の中で一番うれしいです。正直あまり自信がなかったので本当にびっくりしましたが、

ようやく憧れた場所に来られたんだなと実感しました。近くで見守ってくれたお父さんやお母さん、いつも支えてくれた親友に感謝を伝えたいです。

私は飯沼さんから勇気をもらってこのオーディションに応募したので、私も飯沼さんのように誰かに勇気を与えられる女優さんになりたいです。



<総合プロデューサー・秋元康氏>

今の女優さんにはない、まだ未知なるまっさらな子が、10月からのドラマに主演することへの期待感を視聴者の皆さんに持っていただいたと思います。最終審査を見届けて、彼女のもってる運もあるし、皆さんも見てて感じたと思いますが、彼女の素直さと吸収力というものをとても感じました。

まっさらな彼女がどんな女優になっていくかはまだ誰にもわかりません。これからどんなことがあるかわからないし、挫折もあると思いますが、色々なことの繰り返しで彼女のカラーが出てくると思うので、そのプロセスを楽しんでいただければと思います。

これからはとにかく楽しんでください。人生マラソンですから、まだスタートしたばかりですし、いろんなことがあると思いますが、無理せず自分のペースで頑張っていただけたらと思います。



<ニューヨーク・嶋佐和也>

僕らは出る側の立場ばかりだったので、見守る側ってこんなにも緊張するんだなって思いました。

4人それぞれの気持ちが伝わってきて、この場所に立ち会えて光栄でした。オーディションのシステムがめちゃくちゃ残酷な中で、10代の子たちが一生懸命に純粋に頑張っている姿に僕たちもたくさんパワーをもらいました。

幸澤さん、悪いヤツには気をつけてね(笑)。いろいろな人に相談しながら、楽しく頑張ってください。



<ニューヨーク・屋敷裕政>

発表の瞬間を現場で見ていて、落ちた子ではなくて残っている子がどんどん泣いていく姿が印象的でした。

ファイナリストみんなで戦ってきたという仲間意識がすごいあったんやろうなと感じて、すてきな4人やなと思いました。

幸澤さんは、これからどんどん女優へのステージをあがっていくと思うので、最終的にラヴィットで共演できたらいいなと思います(笑)。



<高山一実>

幸澤ちゃんおめでとう!一人の女の子の夢がかなう瞬間に立ち会えて、すごく貴重な経験をさせていただけて光栄です。幸澤ちゃんは、ある時から急に殻が破けたような感じがしていました。

第2ラウンドの是枝さんに監督をしていただいたショートドラマの「生田くん」を見てすごく上手だなと思いましたが、最終ラウンドで見せた演技ではさらに上手になっていて驚きました。新しい魅力が次々に見られて、成長スピードが一番速かったように感じます。半年間の頑張りをずっと見てきたので、これからも本当に応援しています!絶対ドラマ見ます!



<初代グランプリ・飯沼愛>

season2が始まると聞いた時から次はどういう方たちがオーディションに来るんだろうとすごく楽しみで、

始まってからは見ている私自身も学びが多くて、同世代が頑張っている姿にとても勇気をもらいました。

season2の審査内容は私の時ともまた全然違くて、そこを乗り越えてきたseaso2の皆様はとても強いと思いますし、10月からのドラマを見るのがより楽しみになりました。
カテゴリ