月9『競争の番人』第5話あらすじ 検察が資料差し押さえ、小勝負(坂口健太郎)は“ある留置品”に興味

月9『競争の番人』第5話あらすじ 検察が資料差し押さえ、小勝負(坂口健太郎)は“ある留置品”に興味

 俳優の坂口健太郎と杏がW主演を務める、フジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)の第5話が、きょう8日に放送される。



【画像】検察が資料を差し押さえるが…小勝負(坂口健太郎)が雑誌に興味を示す



 『アレス電機』の下請けいじめを調査する小勝負勉(坂口)、白熊楓(杏)たちダイロクは、下請け会社をまとめていた丸川俊春(吉沢悠)の協力を得る事に成功。各社の証言も得たため、いよいよ『アレス電機』への検査が行われようとした時、ダイロクに六角洸介(加藤清史郎)の父親で検事の敦夫(羽場裕一)らが現れて検査に待ったをかけた。



 下請けいじめの重要人物にもなっている柴野竜平(岡田義徳)に横領の疑いがあるため、検察の捜査を優先させてほしいと言う。敦夫の言うことを聞くしかないと半ば諦め気味の風見慎一(大倉孝二)だが、本庄聡子(寺島しのぶ)は検察の捜査の邪魔はしないと断わる。



 数日後、ダイロクは『アレス電機』へ立入検査に出向く。しかし、そこに検察が踏み込んで来て、資料などを差し押さえてしまう。検察は下請けいじめ調査に必要な資料は渡すと約束したのだが、送られた留置資料はわずかなもの。すぐに資料の調査は終わるのだが、小勝負は留置品にあった雑誌に興味を引かれている様子。そんな中、極秘なはずの立ち入り検査の情報が、なぜ検察に情報が漏れていたのかを桃園千代子(小池栄子)が疑う。立入検査の日取りを知っていて検察とつながりのある人物とは。



 そんな中『アレス電機』が新たに下請け30社に発注書を出した。ダイロクメンバーたちは下請け業社が受注しないよう願うのだが、すでに丸川は引き受けていた。



 同作は、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。
カテゴリ