東ティモールから夏の香りを届ける!焙煎店とコラボしたシーズナルコーヒーが新登場

東ティモールから夏の香りを届ける!焙煎店とコラボしたシーズナルコーヒーが新登場


国際協力NGOパルシックが販売する東ティモール産有機コーヒーのラインナップに、シーズナルコーヒーが加わった。価格は、粉・豆ともに100gで670円(税込)。オンラインショップ パルマルシェ(ParMarche)にて8月1日(月)より予約注文の受け付けを開始し、8月5日(金)より順次配送をスタートしている。

パルシックのコーヒー生産者支援



東ティモールは、2022年で独立20周年を迎えたアジアでいちばん新しい国だ。同団体は、独立間もない2002年から、国の唯一の輸出品であったコーヒーを通じて東ティモールを支援してきた。

それから20年。パルシックの東ティモール産コーヒー「カフェ・ティモール(有機認証取得)」は、「The Coffee」とも評されるコーヒー本来のコクや酸味などのバランスがよく、飲みやすいという理由から、多くの利用客から好評を博しているという。

そこで今回、独立20周年という節目を記念して、通常商品である「カフェ・ティモール」に加えて、新たにシーズナルコーヒーを発売することを決定。その第1弾が、夏のコーヒー「ailaran(アイララン)」だ。

夏のコーヒー「ailaran」に込めた想い



「ailaran」は、東ティモールの言葉であるテトゥン語で「森」という意味。

コーヒーの産地は山間部のマウベシ郡にあり、人びとの暮らしは深い森とともにある。そこでは、森の木々の落ち葉が土の恵みとなり、味わい豊かなコーヒーが育つことから、この名を付けたという。

集落、加工法も限定



シーズナルコーヒーは、コーヒー豆の生産集落や加工法、さらにタッグを組んで焙煎してもらう焙煎店を都度変えていく予定だと同団体は話す。

「ailaran」には、標高1,400mにあるマウベシ郡エルダウトゥバ集落の豆が使用されている。エルダウトゥバ集落は、沢の流れる集落を囲むようにコーヒー畑が広がっており、そこで収穫された豆はさわやかな酸味が特徴だ。

通常商品では、ウォッシュドプロセスという加工法が用いられているが、「ailaran」はナチュラルプロセスという加工法を採用。収穫したコーヒーチェリーを、赤い実のついたまま太陽のもとで乾燥させるので、果実らしさがより出るとのこと。

焙煎店とコラボした特別なコーヒー



焙煎は、富山県富山市にある「グッドイナフコーヒートヤマ」に依頼。同店は、スペシャルティ・フェアトレード・有機栽培のコーヒーの焙煎を行うコーヒー専門店だ。

ナチュラルプロセスの発酵で生み出される、甘いチョコレートのような香りの豆をやや浅めの中煎りにすることで、夏にぴったりの、明るい透明感があって軽やかな口当たりのコーヒーに仕上げられている。

夏のコーヒー「ailaran」は、豆・粉ともに100g入り670円(税込)。オンラインショップ パルマルシェにて購入できる。冷めてもやさしく甘い余韻が続くので、ホットとアイスで贅沢に両方で楽しんでみては。

オンラインショップ パルマルシェ:https://parmarche.com/
カテゴリ