神尾楓珠、『ナンバMG5』ロスで泣く 「本当にいい現場」と話すうちに涙がぽろり

神尾楓珠、『ナンバMG5』ロスで泣く 「本当にいい現場」と話すうちに涙がぽろり

 俳優の神尾楓珠が、14日スタートのABEMAオリジナル恋愛番組シリーズ最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』の取材会に参加した。



【全身ショット】ふんわりワンピースで微笑む飯豊まりえ



 番組の内容にかけて、夏の思い出についてトーク。小学校時代のエピソードとして、神尾は「近所の子どもたちがみんな同世代だったので、何をするんでもないんですけど、うちの駐車場にテントを張って野宿しました」とにっこり。テントの中ではニンテンドーDSやカードゲームをしていたそうで「遠くには行けないけど、外で一泊するワクワクが」と懐かしんでいた。



 また、番組ではメンバーの真っすぐな思いに感化され、MC陣が涙するシーンも見どころの1つ。最近の涙事情について、神尾は「『ナンバMG5』というドラマが、この間終わったんですけど、クランクアップした後にロスになっちゃって」と照れながら告白した。友人と食事に行った際に「本当にいい現場だった」と力説していたそう。「友だちとしゃっべっているうちに涙が出てきちゃって。初めて、その友だちの前で泣いた」と打ち明け、女性陣をキュンキュンさせていた。



 取材会には、横澤夏子、飯豊まりえも参加した。



 『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女が、デートや共同作業を通して、“真実の恋”をかなえようと奮闘。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない“嘘つきオオカミちゃん”が女性側に1人以上、そして“嘘つきオオカミくん”が男性側に1人以上潜む。男女どちらにも“オオカミ”がいるシーズンは「オオカミ」シリーズ放送開始以来史上初となる。
カテゴリ