酒井一圭、『純烈ジャー3』に怪気炎 卒業の小田井涼平に早すぎる労い「おつかれさん」

酒井一圭、『純烈ジャー3』に怪気炎 卒業の小田井涼平に早すぎる労い「おつかれさん」

 スーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)が9日、都内で主演する映画『スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免』(9月1日公開)の完成披露舞台あいさつに登壇した。



【動画】純烈が爆笑舞台あいさつ!巨大ロボ・純烈王の登場にファン大興奮



 昨年に公開された『スーパー戦闘 純烈ジャー』の第2弾となる。本作は、前作の舞台あいさつ翌日にクランクインだったが、第3弾は未定という。酒井は「今回はパート2でございますが、パート3をやりたいんです。やれるには、どうしたらいいかとプロデューサーに聞いたら『2の成績がよければ、すぐ3に入る』という返答だった。ぜひとも、劇場に足を運んでいただいて、観ていただけたら」とメッセージ。



 また、今年いっぱいで小田井の卒業は決まっている。酒井は「来年は小田井さんがいません。新メンバーと共に『純烈ジャー』のパート3ということになる。ぜひとも新しいメンバーと一緒にやりたい。じゃないと、後上さんが長年、変身ポーズがなかったように寂しい思いをする」と続編を切望。最後に酒井は「小田井さん、ごくろうさん」と労い、メンバーたちから「まだ早い」とツッコまれていた。



 そんな小田井は「結果的にポスターにありますように『これが4人のラストバトル』になりましたけど、撮影は去年の話。まだ事務所もメンバーも僕が卒業するなんてわかってない。僕の心の中だけ」と明かす。「いったん、皆さんには僕の卒業を忘れてもらって。この作品はパート2の純粋な作品として観ていただけると僕としてはありがたい」と発信していた。



 『NHK紅白歌合戦』への出場を果たし、2021年9月には、もう一つの目標であった主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が公開。彼らが世を忍ぶ仮の姿を持ち、皆の憩いの場である温泉施設を守るヒーロー・純烈ジャーとして、温泉の平和を乱す悪と戦っている。本作から登場する巨大ロボは、その名も“銭湯巨神・純烈王”。純烈の「純」という文字が前立てとなったカブト型ヘッド、胸部には、雄たけびを上げるライオンが配置されたレリーフ、右手には「烈」とプリントされた巨大タオルを肩掛けし、左手には黄金の風呂桶を脇に抱える。そして、左肩には特設ステージが。まさに“スーパーロボットメカ”を彷彿させるような、神々しいシルエットとなっている。

カテゴリ