橋本環奈、鈴鹿央士にお尻を触られ大激怒 馬場ふみかの怒号も響く“爆笑”シーン

橋本環奈、鈴鹿央士にお尻を触られ大激怒 馬場ふみかの怒号も響く“爆笑”シーン

 映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)より、主人公・菊野ケイ(橋本環奈)のバイト先である殺し屋組織・ぷるるん天然娘特急便の本拠地であるラーメン屋での一コマ(本編映像)が解禁となった。



【動画】ラーメン屋でわちゃわちゃシーン



 昼は日商簿記検定2級取得を目指し、専門学校に通いながら、指名制の殺し屋でバイトもしているケイ。解禁されたシーンは、円卓を囲んで人生ゲームをしているヅラさん(岡村隆史)と店長(馬場ふみか)、渡辺(鈴鹿央士)だが、ヅラさんと渡辺はいつものようにつまらない事で言い合っている。



 一方のケイは、騒がしい2人のことはお構いなしにスマホで猫の動画を見ているが、2人のじゃれあいは次第にヒートアップ。渡辺がルーレットで「右隣の人と家を交換する」という目を出すと、納得のいかないヅラさんが思わず渡辺の手をピシャリと叩く。すると、すかさず渡辺の手がヅラさんの頬に直撃し…。



 見かねたケイはヅラさんのカツラをスポッと外し、さらに、お尻を触った渡辺に大激怒! 「〇〇が悪い」と三者三様の意見をブツブツと主張して揉めている3人だが、そんな彼らの背後では電話が鳴っていて、どうやら客から仕事の依頼があった模様。可愛らしい声で電話を取った店長が、ついに、騒がしすぎる3人に衝撃の言葉を放つ。



 岡村と鈴鹿の絶妙な凸凹感はもちろん、橋本や馬場の思い切った演技が爽快で、笑いを誘うコミカルなシーンに仕上がっている。見た目も中身も超個性的なバイトメンバーたちの関係性をユーモラスに描いたこのシーンは、本作においても重要な見どころの一つ。実際の撮影現場でも、瑠東東一郎監督を筆頭に、常に笑いが絶えなかったという。

カテゴリ