『&AUDITION』SEVENTEEN曲の創作ミッション披露 次回はついにBTS登場

『&AUDITION』SEVENTEEN曲の創作ミッション披露 次回はついにBTS登場

 韓国の大手芸能事務所HYBEの日本本社傘下「HYBE LABELS JAPAN」によるグローバルデビュープロジェクトオーディション番組『&AUDITION - The Howling -』(全8話)の第5話が、6日からオンライン動画配信サービスHuluで配信開始された。



【番組カット】SEVENTEEN楽曲に挑戦した練習生たち



 BTSの生みの親パン・シヒョク氏がスペシャルアドバイザーを務めるオーディションの第4話では、3rdラウンドに取り組む各チームの練習風景や、SEVENTEENから新たに発表されたバラエティミッションの爆笑風景を届けた。



 BBQやキャンプファイヤーでは、ふだんは言えなかった本音を語り合い、さらに絆を深めあう15人。サプライズで届いた大切な人たちからの手紙に、全員が泣き崩れながらも、改めて3rdラウンドへの士気を高めた。



 第5話は、いよいよ3rdラウンド「SEVENTEENレジェンダリーミッション」本番がスタート。15人が3チームに分かれ、SEVENTEENの3曲に取り組む。ポイントは”クリエイティブ”。ほぼ創作経験のない各チームが、チームメンバーと一緒に試行錯誤して作り上げたパフォーマンスを披露する。



 課題曲「CALL CALL CALL!」に取り組むのは、ダンススクールで講師の経験のあるFUMAをリーダーに、NICHOLAS、JUNWON、MINHYUNG、YEJUNの5人からなる「C Riders」チーム。



 中間チェックでは全員がミス、そして「実力差が1番大きいチーム」と言われながらも、 FUMAのリーダーシップのもと着実に成長を遂げる。本番では、コンセプトの「かっこよさ」を伝えることができるのかに注目。



 課題曲「HOME;RUN」に挑むのは、創作ダンス経験のあるGAKUをリーダーに、EJ、JO、HARUA、MAKIの5人からなる「Full Count」チーム。中間チェックでは高評価をもらい、特別に本番での”ステージ演出権”を獲得したものの、リハーサルでハプニング続出。本番では、ラストチャンスでホームランを打つように、一発逆転となるか。



 課題曲「Oh My!」に挑戦するのは、ムードメーカーのHAYATEをリーダーに、創作経験のあるKとYUMA、そしてTAKI、HIKARUの5人からなる「わんわん」チーム。中間チェックで厳しい評価を受け、フィードバックを改善するため試行錯誤する。チーム名の由来にもなったコンセプト“好きな人を一途に思う、犬系男子”を表現できるのか。



 次回第6話は、8月13日午後1時30分よりHuluで配信。ファイナルラウンド進出をかけた最後の機会となる4thラウンドは「BTSミッション」となる。そしてついに、BTSとTOMORROW X TOGETHERがサプライズ登場する。憧れの先輩アーティストからの言葉に奮起しつつも、不安や焦り、プレッシャーなど、さまざまな感情を抱いているメンバーたちに緊急告知が伝えられる。

カテゴリ