ニッポン放送・新行市佳アナ、3歳上の男性と“特撮婚”「人生のシン・章を迎えることになりました」

ニッポン放送・新行市佳アナ、3歳上の男性と“特撮婚”「人生のシン・章を迎えることになりました」

 ニッポン放送の新行市佳アナウンサー(29)が、10日放送の同局『飯田浩司のOK! Cozy up!』(月~金 前6:00)に生出演。8日に、3歳年上の会社員と結婚したことを明かした。



【写真】大きな花束を持つ手には指輪がきらり…結婚を発表した新行市佳アナ



 新行アナは「私事で大変恐縮ですが、一昨日8月8日に結婚しました。大好きな特撮の話で意気投合したことをきっかけに、3年ほどお付き合いをしていた、3歳年上の会社員の方です」と発表。



 続けて「振り返ってみますと、これまで放送の中で、ついつい自分の好きなものについて語りすぎてしまったときに、いつもお聴きのリスナーの皆様があたたかく受け止めてくださって、『好きなものを好き』と言うことで、喜びや楽しさを分かち合えるものなんだと感じました。そこから本当に夢のようなお仕事をいただくこともありましたし、私生活では夫と出会いました。(夫は)目元がバラゴンに似ています。『似ているよね』という話を夫にしたら『子供のころ七夕で短冊に“バラゴンになれますように”って書いたことがある』と言っていました(笑)」と明かした。



 飯田浩司アナから「旦那さんも特撮好き?」と向けられると「夫も特撮が本当に大好きで、最初はゴジラの話で意気投合して、そこから『ちなみに新行さん仮面ライダーもお好きですか?』と聞かれ、私も『大好きですよ』というやり取りから始まりました」と告白。和光で購入したという結婚指輪について「ゴジラ、特撮が結んでくれた縁なのでやっぱり和光かな、と思って。ゴジラが『壊した』場所ですが、私達にとっては縁起がいい『聖地』です」と語った。



 放送後には、ブログを更新し「好きなことに情熱を注ぐ性格は私と似ているところがあり、真面目で誠実な人柄に惹かれ、人生のシン・章を迎えることになりました」と改めて報告。「皆さんから送って頂いたメール、ツイート、お手紙、お葉書の数々に何度背中を押していただいたかわかりません。本当に本当にありがとうございます。これからも楽しい時間と明るい朝を…そしてニュースを、ラジオを通してお届けできたらと思っています。引き続き精進しますので、よろしくお願いします」と結んだ。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ