醍醐虎汰朗・黒羽麻璃央ら“高校野球”マジックにかかったメイキング映像

醍醐虎汰朗・黒羽麻璃央ら“高校野球”マジックにかかったメイキング映像

 甲子園を夢みる高校球児たちの日常を描く、野球部あるある、思春期あるある満載の映画『野球部に花束を』(8月11日公開)より、キャスティングされた俳優たちが、芝居を超えて“高校球児”になっていく様子を収めたメイキング映像“青春PV”が解禁となった。



【動画】“高校野球”というだけで泣けるメイキング映像



 解禁となった“青春PV”には、主人公・黒田役を演じた醍醐をはじめ、同級生の桧垣役を演じた黒羽麻璃央、原田監督役の高嶋政宏(※高=はしごだか)や野球部の先輩役の小沢仁志が、12月の凍えるような寒さの中、リアルな高校生の部活生活さながらの過酷な撮影に臨む様子が収められている。



 全力で野球に打ち込み身体を酷使した撮影に、動画内で醍醐は「太ももとかパンパンで」と話し、黒羽も「一生懸命やってる“ふり”ではない」とコメント。年齢も経験もバラバラな大人たちが、厳しい撮影を乗り越える中で、野球に青春を捧げる高校球児になっていく現場。キャストとスタッフが一丸となって臨んだ撮影のクランクアップで、本作で初の実写映画の主演を務めた醍醐が涙する姿も映し出される。“高校野球”にはいつの時代も大人を自然と学生時代に戻し、笑って、泣いて、感動させる魔法の力があると思わせてくれる。

カテゴリ