NHK、VTR中断の『ライブ・エール』14日に再放送 「花はどこへ行った」を完奏した形で

NHK、VTR中断の『ライブ・エール』14日に再放送 「花はどこへ行った」を完奏した形で

 今月6日にNHK総合での生放送中、MISIA、加藤登紀子、小林武史のコラボステージのVTRが機材トラブルで中断した音楽特番『ライブ・エール』を、14日に再放送(第1部 後11:55~深0:35、第2部 深0:35~1:55)することが10日、番組の公式サイトやSNSで発表した。



【写真】6日放送時の『ライブ・エール』タイムテーブル



 NHKは同サイトで「8月6日の生放送時に中断してしまったMISIAさん、加藤登紀子さん、小林武史さんによる『花はどこへ行った』を完奏した形で再放送いたします」と伝えた。



 6日にNHKホールから生放送された番組では、小林武史のピアノ伴奏でMISIAと加藤登紀子が「花はどこへ行った」を歌唱中、VTRが途切れるハプニングが発生した。



 暗転していたNHKホールの照明がつき、司会の内村光良が「VTRが止まったみたいですね、大丈夫でしょうか」と時間をつなぎ、桑子真帆アナウンサーが「機材トラブルということで、すばらしい歌をお届けしていたんですけれども…」と頭を下げると、次の出番の福山雅治が急きょ早めに登場してフォロー。内村は「残りはいつかお聞かせしますからね」と約束し、桑子アナも「申し訳ありませんでした」と平謝りしていた。
カテゴリ