大学・病院と共同開発した栄養サポートチョコレートが鈴木栄光堂から登場!

大学・病院と共同開発した栄養サポートチョコレートが鈴木栄光堂から登場!


岐阜県大垣市に本社のある鈴木栄光堂が、朝日大学・朝日大学病院と、高齢者向けに栄養をサポートできるチョコレートを共同開発。応援購入サービス・Makuakeにて、8月9日(火)から先行発売中だ。

鈴木栄光堂×朝日大学×朝日大学病院


朝日大学病院では、高齢者を中心に入院患者が退院後に通院するようになると、カロリー不足の傾向が見られるなどの課題があり、日常の食事に取り入れられるような栄養サポート商品の開発を企画。また朝日大学では、商品開発やマーケティングを学ぶ学生がタッグを組んで高齢者ニーズを調査し、商品コンセプトやパッケージデザインを考案した。

企画に応えるべく鈴木栄光堂は、カロリーやタンパク質など気軽に美味しく補給できる栄養サポートチョコレートを幾度もミーティングを重ねた上で試作・開発。今回のMakuakeでの先行発売に至った。

「豆乳チョコ」と「ほうじ茶チョコ」の2種類



栄養サポートチョコレートは、「豆乳チョコ」と、


岐阜の揖斐(いび)茶を使用した「ほうじ茶チョコ」の2種類。どちらも煎り大豆、キヌア、ライスパフたっぷりの、ザクザク食感が味わえるホワイトチョコベースの割れチョコで、「ひとりじめスイーツ」ブランドから発売中だ。

一般販売は10月より開始予定。各32gで販売予定価格は237円(税込)。

この機会に栄養サポートチョコレートをチェックしてみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:病院×学生×菓子メーカー カロリー・たんぱく質が摂れる豆乳チョコ・ほうじ茶チョコ
カテゴリ