【ANN55周年連載Vol.4】霜降り明星×作家・畠山健×野上大貴D座談会(前編) 放送事故ギリギリの長尺トーク、リスナーからのメールで「元気出る」

【ANN55周年連載Vol.4】霜降り明星×作家・畠山健×野上大貴D座談会(前編) 放送事故ギリギリの長尺トーク、リスナーからのメールで「元気出る」

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。



【密着写真】貴重!ディレクターから見たブースの中の『霜降りANN』



 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の今を紹介する連載企画をスタート。第4弾となる今回は、『ANN0』を2年経たのち、2021年から『ANN』を担当する霜降り明星(せいや・粗品)。全3回にわたる第2回は、野上大貴ディレクターと作家・畠山健氏を招いた座談会の前編を届ける。



■“36局ネットが放送事故”となり合わせの長尺オープニング



 『霜降りANN』は、オープニングトークがとにかく長尺。パーソナリティーを務める者にとってトーク内容の悩みは付き物だと思うが、毎週たっぷりのトピックを届けている2人からは、悩んでいる様子があまり見受けられないようにも感じる。実際、ネタが尽きて困ることはあるのだろうか?



せいや めっちゃ困っています!収録仕事ばっかりの1週間なんてオンエアまで解禁NGだったりするから、開始5分前まで「あれ、今週話せること何もないな?」ってなることも結構あります。2人でしゃべりながら思い出す感じですね。



──打ち合わせはしていますか?



せいや 一切してないです。ほんまに何も決めないで挑むっていうのは、けっこう珍しいやり方かもしれないですね。



畠山 最初の頃はしておいたほうがいいのかなと思って、何回か「なんかありますかね?」って聞いたら、お2人が「いや、本番で」とおっしゃっていて。



せいや やっぱ、ナマモノなんで。



粗品 やかましいわ(笑)。



せいや 僕らはもっと早く入って打ち合わせもできるんですが、やっぱ生やからこその鮮度で勝負してます。



粗品 ギリに来過ぎやって。



せいや ギリに来過ぎて間に合わない場合もあるんですが、やっぱ、ナマモノなんで。



粗品 ナマモノ過ぎるって。野上さんとかって、打ち合わせまったくしないのは立場的に怖いんですかね?



野上 むしろ、初見で聴ける楽しさ・面白さがいいんで、怖いと思ったことはないです。



畠山 僕もまったくないです。



野上 お2人は、オープニングをフリーハンドで取れる時間が長ければ長いほどいいなっていうのをすごく感じています。ほかの番組と比べても、45分のオープニングってなかなかないと思うんですけど、お2人のは絶対聴きたいんです。まあ、もうちょっと時間がこぼれたら、ネット局が放送事故になってしまうぐらいのレベルなのですが……。



せいや そんな大変なことになるんですか?(笑)



野上 毎週冷や汗かいています。36局ネットすべてで放送事故になるので。



せいや 46分になったら事故が起こる?



野上 もう1、2分は大丈夫なんですけど……。



粗品 まだしゃべられるな(笑)。



せいや 47分までいけんねや(笑)。



野上 いや、47分はけっこうもう……、ニッポン放送の誰かが飛んでくるレベルです。



畠山 どうなるかと言うと、ディレクターが野上くんじゃなくなります。



粗品 そんなにやばいの? めっちゃおもろいやん(笑)! 僕らは大丈夫なんですか?



畠山 まあまあ……。



せいや 野上くんはアウトなんや(笑)。47分までがデッドラインなんですね?



粗品 ええこと聞いた。47分過ぎても、早口で読んで巻き返したら大丈夫なんですか?



野上 そ、そうですね……。



せいや いや、もうやめてあげて(笑)。



■「職人のメールで元気が出る」リスナーに対する愛着



 リスナー参加型の特別企画『霜降り甲子園』を開催したり、せいやがハガキ職人のラジオネーム呼びにこだわりを見せるなど、霜降り明星はリスナーとの距離が近いパーソナリティーのように感じる。2人にとって、リスナーとはどういう存在なのだろうか?



せいや もちろん応援してくれているっていう意味では一般のファンの方と一緒ですけど、 やっぱりハガキ職人の名前は覚えますよね。ほんで、誰がどういうボケを送ってきたとかもわかりますもんね。この人こういうボケ好きやな~、おもろい奴やな~って、愛着は湧きます。



畠山 お2人ともリスナーの名前を言いますよね。ネタも褒めるし。



粗品 リスナーから元気もらえますね。ラジオやっている時って、けっこう素で笑うんですけど、その一端を担っているのが、やっぱハガキ職人のネタメール。普通に笑ってしまったりして、1週間疲れていても、職人のメールで元気出ることが多いです。



畠山 お2人から出てくるワードとかは、やっぱ年代が上の芸人さんよりも若いから、メール送ってくれる人も10代、20代前半とか飛び抜けて若いです。



野上 もちろん平成生まれのリスナーさんにとって、絶対面白いと思うんですけど、その世代しかわからないようなトークだけでもないから、全世代にもオススメできますよね。



せいや 粗品は最新のカルチャーに詳しくて、僕は古いカルチャーが好きやから、真逆で補いあってるというか、フィールドが広いですよね。でも、同世代のリスナーはやっぱりうれしいですよ。街中でも若い人から「ラジオ聴いています」って言われることも多いし、「ラジオ聴いて呼びました」ってテレビマンの方もけっこういます。



粗品 自分は、どの世代に聴いてほしいとかないですね。やっぱ、ナマモノなんで。



せいや 俺が言ったやつ気に入ってたんかい(笑)。



粗品 大学を中退した身からすると、冴えない大学生とかに聴いてほしいですね。イキって面白いことしようとしている人を、斜に構えて「おもんないな」って思っているお笑い好きに聴いてほしいです。



せいや 確かに、ラジオ聴いてくれている人って相当お笑い好きですもんね。やっぱりハガキも面白いし、そういう人らに面白いって言われたいですね。



 オールナイトニッポンといえば、さまざまなジャンルのパーソナリティー同士の縦横のつながりも特徴的だ。ANNファンとしては、霜降り明星と、ほかのパーソナリティーが織りなすコラボも非常に楽しみだが、当人たちはどう考えているのだろうか?



せいや Creepy Nutsさんは一回ゲストに呼んでもらったんで、また共演したいですね。同世代ですし。あとは乃木坂46さんも。芸人さんもいいですけど、僕はけっこう歌とかも好きだし、他ジャンルのアーティストの方とコラボができたら楽しいですよね。



粗品 僕はオードリーさんですかね。たまに特番で一緒にやらしてもらう座組なんですけど、また会いたいです。こちらに来ていただくのはちょっと恐れ多いですけど、お邪魔するのもなぁ……。



■1部昇格後、パフォーマンスは“上がっている”



 深夜3時台の『ANN0』時代に受けているインタビュー記事には、1部に昇格したい想いが語られており、2020年刊行の『芸人ラジオ』(スコラマガジン)で、粗品は「(3時〜5時よりも)1時からの僕らはもっとおもろいですよ」と述べていた。1部に昇格し2年目に突入した現在の霜降り明星。実際、パフォーマンスは上がったのだろうか?



粗品 3時〜5時は……眠た過ぎて限界でしたもんね。今は眠くない分、パフォーマンスは上がっています。



せいや 確かに、最近はオープニングトークを45分みっちりやっても話が尽きないぐらい楽しくやっているんですけど、『ANN0』時代は、こんな長いこと毎回しゃべってなかったと思いますね。トークの展開は、最近のほうが盛り上がっていると思います。



粗品 疲れ具合、やっぱ違いますねぇ。



せいや M-1獲った次の年の3時〜5時は恐ろしかったですね……。『ポケひみ』(コーナー『ポケットいっぱいの秘密』の略称。番組終盤、せいやが音楽に乗りながら一心不乱にメールを読み上げリアクションをする)終わり、何分か椅子から立ち上がれなくて「はぁ……はぁ……」って息を切らしていたら、畠さん(畠山)がめちゃくちゃ心配そうな顔で俺を見てて、心配させてんなぁと思っていました。限界やった(笑)。一時期、体力の限界で『ポケひみ』やめましたからね。



 ラジオはまったくと言っていいほど聴いてこなかったという霜降り明星だが、今では『ANN』に欠かせないパーソナリティーだ。いい意味で従来のラジオに染まっていない2人だからこそ、新しい試みや楽しみ方を生み出していけるのかもしれない。次々と変化を遂げていく、リニューアル版『ポケひみ』も、ファンにとっては毎週の楽しみのひとつなのだ。



 後編では、作家の畠山氏とディレクター野上氏から熱いエピソードトークが飛び出す。



【霜降り明星】

ボケのせいやとツッコミの粗品からなるお笑いコンビ。2018年に漫才日本一を決める『M-1グランプリ』を史上最年少で優勝し、テレビ・ラジオ等で活躍の幅を広げる。2019年4月から21年3月まで『ANN0』(深3:00)の金曜パーソナリティーを務め、同年4月から『ANN』(深1:00)の金曜を担当している。
カテゴリ