おいでやすこが、K-1スペシャルリングアナに緊張「もう口の中がカラカラ」

おいでやすこが、K-1スペシャルリングアナに緊張「もう口の中がカラカラ」

 お笑いユニットのおいでやすこがが11日、福岡国際センターで行われた『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~』でスペシャルリングアナとしてK-1に初登場した。



【写真】壬生狼との爆笑インタビューを行ったおいでやすこが



 こがけんが福岡県久留米市出身という縁で、おいでやす小田と一緒に登場。おいでやすこがは、第15試合バンタム級のキーパーソンの一人で、福岡県嘉穂郡出身の壬生狼一輝とK-1本戦初出場の峯大樹の一戦でK-1スペシャルリングアナとして登場し、注目の一戦を盛り上げた。



 3-0判定で勝利した壬生狼を交えて試合終了後に取材を受けることに。壬生狼は試合の感想について「やる気、元気、一輝! どうも、壬生狼一輝です。自分の納得いく試合はできなかったが、まあ三連敗は脱出した」と“脱出”をかんでしまい何回も言い直すと、おいでやすこがの2人にツッコまれた。「連敗脱出ということで、 デカい一勝を手に入れたが、また明日から努力して、次の試合ではみなさまが納得できるような試合内容をして、勝ちたいと思います」話した。



 スペシャルリングアナに挑戦した感想について、こがけんは「今まで一番緊張しました。一瞬『ボケようかな?』と頭によぎりましたが、リングに立った瞬間ボケずに真剣にやろうと決めました。もう口の中がカラカラです。早く水が飲みたい…(笑)」と話し、小田は「同じく緊張しました。でも、ボケるかどうかは、楽屋に居たときにやらないでおこうと実は決めていましたよね」と裏話を暴露。こがけんは、「それは言わなくていい。」とうろたえてインタビュールームには笑いが起きていた。



 地元福岡で格闘技を生観戦した感想について、こがけんは「初めての観戦だったので、すごい迫力でした。殴り合いでどんどん選手の顔が赤くなっていく姿を見て、自分の身体が痛くなってきました」とし、京都出身の小田は「音がすごかったですね。選手はスーパーマンだと思いました」と話していた。壬生狼の明るいキャラクターとおいでやすこがの軽快なトークとツッコミがうまく混ざりあり、笑いが耐えないインタビューとなっていた。



 今大会で行われた『K-1フェザー級世界最強決定トーナメント』で現フェザー級王者の軍司泰斗が優勝をはたした。1回戦はアルゼンチンのファク・スアレスと対戦し3-0の判定勝ちを収め、準決勝では1回戦でタイのジャオスアヤイ・ソー.デッチャパンを2RKOで下した玖村修平と対戦し、軍司がパンチの連打で仕留め1R3分ジャストでKO勝ち。決勝は、4月の『K’FESTA.5』で対戦した斗麗と軍司の再戦という顔合わせになった。軍司はK-1王者の強さを見せて寄せつけず、3度のダウンを奪って1RでKO勝利を制し、「次期エースは僕がいいんじゃないかと思っている」と“ポスト武尊”を宣言する印象的な試合となった。また『クルーザー級日本人No.1決定戦』で谷川聖哉が前K-1王者K-Jeeを圧倒し判定勝ち、ムエタイ6冠王・石井一成がK-1初参戦で藤田和希をKO勝ちで初陣を飾った。
カテゴリ