西島秀俊主演、映画『グッバイ・クルエル・ワールド』登場人物は全員“クズ”

西島秀俊主演、映画『グッバイ・クルエル・ワールド』登場人物は全員“クズ”

 俳優の西島秀俊主演する、大森立嗣監督オリジナル作品『グッバイ・クルエル・ワールド』(9月9日公開)より、西島、斎藤工、大森南朋、鶴見辰吾、三浦友和らが演じるキャラクターたちの新たな場面写真が解禁となった。本作の脚本は、『死刑にいたる病』などを手けた高田亮によるオリジナル・ストーリー。登場人物は全員揃いも揃って“クズ”ばかりだ。



【画像】解禁となったそのほかの場面写真



 一夜限りの強盗団として集まったのは、元ヤクザの安西(西島)、どこの組織にも属さない凶暴な男・萩原(斎藤)、元議員秘書で金持ちたちの転落を企てる浜田(三浦)。互いに素性も知らない彼らが向かうのは、寂れたラブホテル。ヤクザ組織の資金洗浄現場を“たたく”のだ。仕事は大成功し、彼らは大金を分け合い、それぞれの人生へと帰っていく──はずだった。だが、ヤクザ組織のオガタが刑事・蜂谷を雇って本気の捜査を開始する。



 元ヤクザの安西は、家族とやり直すために金が必要だと思い、強盗計画に参加。その発想がすでにクズ。その後、なんとか立て直そうとするが、元舎弟(奥野瑛太)に足を引っ張られ、ズルズル深みにハマっていく。



 萩原は、一匹狼の半グレヤバ男。自分の欲望のためには躊躇なく暴力をふるい、顔までタトゥー。感情はどこに置いてきた(?)というほどの冷酷なクズ。



 元議員秘書の浜田は、過去の恨みや世の中への不満から、権力者の転落を画策するも、自分の手は汚さない。若い手下を従えて、考えることもやり方も全てが卑怯なクズジジイだ。



 刑事の蜂谷(大森南朋)は、ヤクザに弱みを握られて、刑事でありながら悪魔に魂を売るクズ。強盗団の犯人に迫る、という点では有能なだけに残念極まりない。



 ヤクザ組織のオガタ(鶴見辰吾)は、そもそも組織の大金を盗まれてしまう間抜けなクズだ。上には頭が上がらないが下には厳しい、刑事の蜂谷にも強気に振る舞う最低なヤツだ。



 蜂谷の捜査により、たちまちラブホテルの従業員(宮沢)が、強盗団の一人であるもぐりの風俗嬢(玉城)に情報をリークしたと突き止める。二人はヤクザ組織のトップ(奥田瑛二)から、「仲間全員ぶっ殺してみろ!」と命じられる。妻(片岡礼子)と幼い娘とやり直そうとしていた安西は、反撃に出るため最後にして最大のヤマに賭けるのだが──。



 仲間割れする強盗団、迫り来るヤクザ、敵なのか味方なのかダークな刑事。日本を代表する俳優陣が集結し、観るものを狂乱の世界へと誘う。クズ同士の潰し合い、最後に笑うのは誰だ?
カテゴリ