経営者・MEGUMI、本気の“人生の事業計画書”にマツコ驚き「アタシに一番欠けてたこと」

経営者・MEGUMI、本気の“人生の事業計画書”にマツコ驚き「アタシに一番欠けてたこと」

 俳優でタレントのMEGUMIが、13日放送の日本テレビ系バラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演する。5年前から金沢でカフェを経営するMEGUMIがマツコ・デラックスと中継をつなぎ、自ら道を切り開く「人生の事業計画書」について語る。



【写真】マツコもMEGUMIの“人生の事業計画書”に驚く



 イエローキャブ軍団としてグラビア黄金期に活躍し、現在ではバラエティー番組だけでなく、俳優としても活躍するMEGUMI。「自ら能動的に生きたい」と経営者の道へ踏み出し、子ども服のセレクトショップを始めるも大失敗したという。



 次に始めたビジネスが石川・金沢でのパンケーキカフェ経営。金沢を代表する観光地の一つである「ひがし茶屋街」のエリアに構える自慢の店だが、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている地域な上、県外からお店を出す人が初めてだった当時、自らお店の事業計画書を作り地元の方々へプレゼンするも、とある理由で大激怒されたそう。「言うても(自分は)タレントだし、という甘い考えが完全にへし折られました」と、オープンまでの苦労を語る。



 「テレビ観ていておもしろいって思うトップレベル」「だからもうちょっとバラエティーに出てほしいなって一視聴者として思うのよね」と、MEGUMIのバラエティー能力を絶賛するマツコ。タレントとしても一目置かれる存在になった理由として「誰も見てないけどとにかく球は投げていた」という。MEGUMIは「私たち(芸能界)ってスーパー受け身の仕事じゃないですか。経営者の人の話を聞くと、動いてるブランドにみんな目が行くって言うんです」と、何事にも自ら率先して動き続けることが大切だと話す。



 そんな彼女が行き着いた能動的な生き方の象徴が「人生の事業計画書」。5年後、10年後の自分の理想の姿や、今年の自分の年間目標と課題、月ごとのタスクなどを細かく書いたもので、毎年お正月に書きまとめマネージャーと共有するという。その一部を見せてもらったマツコは「すごい具体的ね!」と感嘆。MEGUMIの底知れぬ本気具合に思わず「アタシに一番欠けてたことかも」と、自身を見つめ直す。
カテゴリ