くっきー!画伯が描いた“バイオレンス”な橋本環奈に「ゲソ食っときなぁ」

くっきー!画伯が描いた“バイオレンス”な橋本環奈に「ゲソ食っときなぁ」

 俳優の橋本環奈が主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)に、主人公・菊野ケイ(橋本)のバイト先のラーメン屋で大暴れする謎の大男役で出演する野性爆弾のくっきー!。お笑いのみならず、クリエイターとしても活躍するくっきー!が、同映画のティザービジュアルをもとに描いたイラストが公開された。



【動画】ラーメン屋でわちゃわちゃシーン



 くっきー!の作り出す作品は、その発想力、創造力から表現される独特のパフォーマンスが常に反響を呼んでおり、各界のクリエイター・タレント・著名人などの間に熱狂的なファンが多くいる。これまでもバラエティー番組等で多くの芸能人の似顔絵描いてきたが、その度「特徴捉えずぎ!」「めちゃめちゃうまい!!」「クセになる」など話題となり、そのセンスには定評がある。



 今回描いた作品もくっきー!らしく、まさに“バイオレンス”な仕上がりに。映画ポスターで中央に構える橋本演じるケイが、イラストでは「くっきー!」に変身!? トレードマークのピンクボブにクリッとした目のくっきー!に、ケイの面影すら感じさせる。殺し屋バイトの必須アイテムである銃ではなく、ゲソの串差しを食べるケイはどんなバイトをしているのか?



 くっきー!からコメントも到着。「環奈ちゃん環奈ちゃん 鉄砲なんて危にぃーよぉ そんなモンおいてゲソ食っときなぁ(ハートマーク)」と、今回のイラストのポイントである「ゲソ」をアピールしている。



 くっきー!の登場シーンでもあるケイのバイト先のラーメン屋は、実は指名制の殺し屋の本拠地。ケイはナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋(ヒットガール)だった。そんな彼女に史上最悪の依頼が舞い込んでくる。
カテゴリ