車いすテニス界のレジェンド・国枝慎吾『オールドルーキー』にゲスト出演

車いすテニス界のレジェンド・国枝慎吾『オールドルーキー』にゲスト出演

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(毎週日曜 後9:00)の第7話(14日放送)を彩る豪華アスリートゲストとして、車いすテニス界のレジェンド・国枝慎吾が出演することが決定した。



【写真】ニコラモデル池端杏慈が”謎の少女”を演じる



 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎(綾野)が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。



 国枝は今年7月に行われたウィンブルドン選手権の車いすテニス男子シングルスで初優勝し、全豪・全仏・全米・全英(ウィンブルドン)の4大大会すべてで優勝を果たすという生涯グランドスラムを達成する偉業を成し遂げた。さらに東京2020パラリンピックをはじめパラリンピックで3個の金メダルを獲得しており、車いすテニス男子初の“ゴールデンスラマー”となった。そんな現役選手にしてレジェンドの国枝が今作に出演を果たす。どんな役柄で登場するのか注目だ。



<国枝慎吾>

普段はあまりドラマを見ないのですが、『オールドルーキー』は全話見ていました。そんな中、たまたま練習場の隣で福山翔大くんが車いすテニスの演技の練習をしていたのを見た時に、僕も出たいなという思いから今回出演させていただきました。



僕自身も車いすテニス界で一番早くプロに転向し、マネージメント会社をつけて活動してきた1人なので、こうしてドラマで車いすテニスを扱っていただけてとてもうれしかったです。みなさんに車いすテニスがどんなものかを伝えるチャンスだと思って協力させていただきました。



そして今回、有明コロシアムでも撮影すると聞いて驚きました。日本テニス界の聖地であり、東京2020パラリンピックで自分のキャリア全てをかける思いでプレーして、金メダルを取ることができた思い入れのある場所です。毎回行くたびに背筋が伸びますし、「さぁ、やってやるぞ」という気持ちになります。福山くんもチェアワークや車いすテニスのスキルを熱心に練習してくれたので、すごくいいものに仕上がったのではないかなと思います。第7話をぜひ楽しみに見てください!



■第7話のあらすじ

車いすテニス選手の吉木修二(福山翔大)が「ビクトリー」にやって来た。パリパラリンピックの日本代表候補である吉木は、国際大会で勝つために世界を転戦したいので、スポンサーを探してほしいと言う。



勉強を兼ねて車いすテニスの試合を見に行った新町(綾野剛)、塔子(芳根京子)、梅屋敷(増田貴久)は、その迫力に圧倒される。さらに、競技用の車いすを無償提供している会社では、吉木との強い信頼関係を目の当たりにし、感動する。



パラアスリートと契約する意義を、いつになく熱く高柳(反町隆史)に訴える梅屋敷。その背景には梅屋敷の秘めた想いがあった。熱意が伝わり、吉木との契約が決まり、「ビクトリー」初めてのパラアスリートのマネージメントをすることに。ところがその矢先、吉木が別の会社の車いすに乗り換えたいと言い出し…。
カテゴリ