管理栄養士が推奨する「ボーソー米油シリーズ」のパッケージが9月からリニューアル

管理栄養士が推奨する「ボーソー米油シリーズ」のパッケージが9月からリニューアル


ボーソー油脂は、「ボーソー米油シリーズ」のパッケージをリニューアルし、9月より順次発売する。

万能な油である米油



インテージSCIの調べによると、2021年度の米油市場は昨対比125.6%であり、食用油全体(昨対比99.6%)と比較して大きく伸長している。

米油は酸化に強く、さらっとクセがないのが特徴で、揚げ物や炒め物はもちろんのこと、ドレッシングやスイーツといったあらゆる分野で活躍する万能な油であるという。

認知度の低い状況


近年は内食需要の高まりと使い勝手の良さが相まって、食用油の中で特に需要が高まっている注目の油である。一方、「日本植物油協会」の調べによると、米油の認知度は59.2%とまだまだ他の食用油と比較して低い状況である。

管理栄養士にアンケートを実施


そこで今回は、より多くの人に知ってもらい、試してほしいとの思いから、全国の医療機関に勤務する管理栄養士に実際に試してもらい、感想や推奨意向のアンケート調査を実施した。

管理栄養士98%が推奨



『料理の美味しさや健康を意識する方に「米油」をおすすめしたいと思いますか?』との問いに全国の610名の管理栄養士のうち98%が、「料理の美味しさや健康を意識する方に『ボーソー米油』をおすすめしたい」と回答した。


また、同商品を推奨する理由として、「加熱、生食どちらでも扱いやすい」「酸化に強く、臭いも少ない為、少し時間がたった料理もおいしく食べられる」「原料が国産であり、高齢の方に勧めやすい」「ビタミンEや植物ステロールなどを一緒に摂取できる」「クセがなく、美味しい」との回答があった。

「国産原料」が大きく評価


調査により、「ボーソー米油」の魅力は、「酸化に強く、料理の美味しさ長持ち」「ビタミンEが摂れる」「国産原料」の順で、米油本来の特徴の他に、同社が大切にしている「国産原料」を大きく評価されたことがわかった。その他に「揚げ物がカラッと揚がる」「学校給食に使われていて安心感がある」「口コミ、一般的な評価、評判が良い」という意見もあった。

9月にパッケージがリニューアルする、管理栄養士が推奨する「ボーソー米油シリーズ」をチェックしてみては。

詳しくはこちら:https://boso-riceoil.com/komeabura/
ボーソ―油脂公式サイト:https://www.boso.co.jp/

<調査概要>
評価方法:管理栄養士におけるアンケート調査/年2月
アンケート回答者:全国医療機関610施設/管理栄養士各1名
質問:Q料理の美味しさや健康を意識する方に「ボーソー米油」をおすすめしたいと思いますか?
結果:管理栄養士 98%が「はい」と回答
評価商品:ボーソー米油 600g 調査機関:ファンデリー調べ
カテゴリ