橋本環奈&城田優、最先端技術“ボリュメトリックキャプチャ”を使ったアクション撮影に挑戦

橋本環奈&城田優、最先端技術“ボリュメトリックキャプチャ”を使ったアクション撮影に挑戦

 俳優の橋本環奈が主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)は、橋本演じる主人公・菊野ケイが、ナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋(ヒットガール)であるという設定やタイトルに「アクション」が入っていることからも、アクションシーンが肝。そこで採用されたのが、最先端の撮影手法、ソニーの“ボリュメトリックキャプチャ技術”だ。橋本演じるケイと、城田優演じる最狂の殺し屋みちたかくんの最後のバトルシーンでは、その技術を最大限に活かし、斬新なアクションシーンの実現に挑んだ。



【画像】息の合った動きを見せる橋本環奈と城田優



 スポーツやミュージックビデオの分野で使われることが多いが、日本の商業映画で使用されるのは本作が初となる“ボリュメトリックキャプチャ”とは、グリーンバックで囲まれた円柱状の専用スタジオに100台以上のカメラを360度設置し、スタジオ内の俳優陣の動きを3Dでキャプチャ。それを高精細な3D CGデータとして再現する。



 通常のアクションシーンの撮影では、カットを細かく割って撮影することが多いが、この技術を使うことで一連の流れで撮影することができる。ボリュメトリックキャプチャで撮影することのメリットについて、VFXスーパーバイザーの鎌田康介氏は「カメラを自由に動かすことができるので、それにより監督が求める映像をうまく表現できるようになりました。今までにない新感覚の映像になっていると思います」とコメント。通常ではカメラが入れないような角度から撮影された躍動感満載のアクションシーンに要注目だ。



 撮影当日、専用スタジオでは、橋本と城田が入念にアクションの確認を行っていた。何度も共演経験のある2人は、さすが息の合った動きを見せ、ブンブンという音が聞こえそうな城田のパンチ、それに応じる橋本の動きも完璧だ。



 「よろしくお願いします!」という橋本の気合を合図に、2人はスタジオ内へ。最初のカットは一発OK。互いにタイミングを合わせながらカットを重ねていく。360度グリーンバックに囲まれた撮影は苦労も多く、「どこを見ても同じ光景だから前後がわからなくなる」と悩む橋本。アクション監督の田渕景也の激励を受けながら、カットを重ねるごとに2人の動きは精度を高め、最後に瑠東東一郎監督の「OK!」の声がかかった時には、その場にいた全員から拍手が沸き起こったという。



 同映画公開日の前日18日に、ソニーグループのポータルサイト(https://www.sony.com/ja/)と公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCwXIrhhTw9aNNM9T-hJG8_w)にて、ボリュメトリックキャプチャ技術を紹介する特別映像『バイオレンスアクション』制作裏スペシャル動画を公開予定。SNSアカウントでも貴重なアクションシーンのメイキング映像を交えた制作裏をたっぷりと紹介していく。
カテゴリ