赤楚衛二、オーディション「100回は落ちた」に驚きの声 家族での“映画キャンペーン”も明らかに

赤楚衛二、オーディション「100回は落ちた」に驚きの声 家族での“映画キャンペーン”も明らかに

 俳優の赤楚衛二が、12日放送のTBS系バラエティー『A-Studio+』(毎週金曜 後11:00)に出演。俳優を目指したきっかけ、これまで受けたオーディションについて明かした。



【予告動画】鶴瓶が赤楚衛二の父に直撃取材



 笑福亭鶴瓶から、現在までオーディションに落ちた回数を向けられると「数え切れないですね。もう100回は落ちています」と打ち明け、スタジオ内には驚きの声が上がった。鶴瓶から冗談めかした様子で「この顔で100回落ちたら、どの顔が…。1回で通るかわからへんよなー」と話すと、赤楚は照れくさそうな表情を浮かべた。



 赤楚は、その上で「でも本当に、100回は余裕で落ちています。ずーっとだから落ちすぎて、ちょっとくすぶった時期もありますし」とかみしめるように話した。



 藤ヶ谷太輔から芸能界に興味をもったタイミングについて聞かれると「僕、学生時代からですね。家族4人で月に1回映画を見るみたいな“キャンペーン”があって。で、その頃から『映画ってすてきだな』みたいな『映画の中に入りたいな』って」と回顧。さらに、「でも、お芝居っていうのが、なんなのか全然わからなかったので、とりあえず東京に出て俳優になりたいみたいな感じですね」と俳優を志し、名古屋から東京に上京したきっかけについて明かしていた。
カテゴリ