南沙良主演、映画『この子は邪悪』予想外のストーリーの起点となる桜井ユキ現る

南沙良主演、映画『この子は邪悪』予想外のストーリーの起点となる桜井ユキ現る

 俳優の南沙良、なにわ男子・大西流星らが出演する映画『この子は邪悪』(9月1日公開)より、予想外のストーリーの起点となるシーンの本編映像と桜井ユキの場面写真が解禁となった。



【動画】植物状態から目覚めた母(桜井ユキ)が家に帰ってきた場面



 本作は、映画『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを生み出した、映像企画とクリエイターの発掘プログラム『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017』の準グランプリ作品を映画化。監督・脚本は、ドラマ『ネメシス』、映画『ノイズ』などの脚本を手がけ、「さよなら、ムッシュ」などの小説も執筆し、本作が長編3本目となる片岡翔が務めている。



 かつて一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花(南)。心理療法室を営む父・司朗(玉木宏)は脚に障害が残り、母・繭子は植物状態に、妹・月は顔に火傷を負った。そんな花のもとに、自分の母の奇病の原因を探る少年・四井純(大西)が訪れる。



 今回、解禁となったのは、ある日突然、司朗が5年ぶりに目を覚ました繭子を連れて家に帰って来る。司朗は“奇跡が起きた”と久々の家族団らんを喜ぶが、花は「あの人はお母さんじゃない」と違和感を覚える場面だ。



 「月、花。奇跡が起きたよ」と脚を引きずりながら廊下を歩いてくる司朗の後ろをゆっくり歩いてくる繭子。司朗はうれしそうに「お母さんだよ。目を覚ましたんだ」と言い、妹・月は不思議そうに「お母さん…?」とつぶやくが、繭子に「月…花…」と震える声で名前を呼ばれ、駆け寄って抱き着く。感動の再会に涙を流す繭子は「花…花もおいで…」と声を掛けるが、呆然とする花。司朗に促されて繭子に近付き、抱きしめられる花。「これからは家族みんな、ずっと一緒だからな…」と司朗も泣きながら全員を抱きしめるが、花だけが違和感に満ちた表情を見せる。



 片岡監督曰く、物語の中心となる窪家は最初に洋館をイメージしていたが、美術からの「あえて和風にしたら面白いのでは?」というアイデアにより、埼玉県川口市にある障子や飾り絵が美しい日本家屋に決定。さらに、作家・澁澤龍彦の自宅を参考に洋風なソファなどの家具を置く事で、和洋折衷なテイストが生まれた。予想外のストーリーの起点となるシーンと共に、こだわりの美術にも注目だ。

カテゴリ