小さな爪にお気に入りのアートを詰め込んで。ついつい手元が見たくなる「絵画ネイル」にトライしてみない?


視界に入る機会が多いからこそ、ネイルのデザインにはこだわりたいもの。せっかくなら自分の“好き”を詰め込んで、見るたびに気分が上がるような爪にしたいですよね。



アートがお好きな人は、作品の世界観を落とし込んだ「絵画ネイル」なんていかがでしょう?



自分の好きな画家・作品をイメージしたデザインなら、ついつい手元が見たくなるはず。ぜひ次のネイルの参考にしてみてくださいね!



夏にぴったり!ゴッホの『ひまわり』モチーフ



ゴッホの『ひまわり』をイメージしたネイルデザイン

@chikako_miki / Instagram



夏の花といえば、ひまわりを思い浮かべる人も多いのでは?ゴッホの『ひまわり』をイメージしたネイルなら、季節感もばっちりです。



上の写真は、数本にのみひまわりを描き、そのほかの指はゴールドをあしらったデザイン。大人っぽい雰囲気が漂い、上品な指先に仕上がっていますよね。



ゴッホの『ひまわり』をイメージしたネイルデザイン

@chikako_miki / Instagram



こんな風に、画家の自画像をデザインするのもおすすめ。ゴールドのカラーでフチ取れば、まるで爪の中にアートが飾られているみたい!



ロマンチックな雰囲気…ゴッホの『星月夜』



ゴッホの『星月夜』をイメージしたネイルデザイン

@n_hysd / Instagram



こちらは、同じくゴッホの作品『星月夜』をモチーフにしたデザイン。鮮やかな青や深い青、月の黄色など、絵画を構成する色が使われています。



作品を彷彿とさせる芸術的な色使いは、見るたびにうっとりしちゃいそう…。



ゴールドがかわいいでしょ?クリムトのネイルデザイン



クリムトの絵画をイメージしたネイルデザイン

@otankonanase / Instagram



クリムトといえば、さまざまな作品で使われている「ゴールド」が印象的。加えて、丸や四角など、特徴的なパターンを用いていた画家でもあります。



そんな彼の色使いとデザインを参考にして、手元を煌びやかにさせるのもすてき。



イベントやパーティなど、ドレスアップするときのネイルにもおすすめですよ。



モネの繊細で儚い雰囲気を表現



モネの『日傘をさす女』をイメージしたネイルデザイン

@naori_nails / Instagram



最後にご紹介するのは、モネの作品をイメージしたネイルデザイン。こちらは『日傘をさす女』の世界観を落とし込むだけでなく、繊細な筆のタッチまで再現されています。



モネ独特の、淡くて儚い色使いが印象的ですよね。



モネの『日傘をさす女』をイメージしたネイルデザイン

@naori_nails / Instagram



写真のように、数本の指に景色を描き、残り数本には花をあしらうなど、アシンメトリーに仕上げるのもよさそう。



その作品を象徴するレリーフやモチーフなどを強調させて、オリジナリティを出したデザインを考えるのも楽しそうですね。



モネの『睡蓮』をイメージしたネイルデザイン

@fuu.nail / Instagram



こちらは、同じくモネの『睡蓮』からインスピレーションを受けたもの。ブルーやピンク、パープル、グリーンを基調として、柔らかなニュアンスを作っているそうですよ。



モネの絵画をイメージしたネイルデザイン

@miyuu_mooipark / Instagram



絵画ネイルのいいところは、“色”だけでもその世界観を楽しめる点。特に印象派の作品なら、似たカラーを爪に乗せ、少しずつ色を重ねてぼかしていけば、雰囲気を楽しむことができますよ。



これなら、セルフネイル派さんも真似しやすいかも。



爪のデザインにマンネリを感じてきているなら、次は思い切ってアートの方向にシフトチェンジしてみませんか?



カテゴリ