下北沢に新しくオープンの「芋をかし」は、人気爆発間違いなし。ユニークな芋スイーツを今のうちにチェックして


カフェやカレー屋さんなど、グルメの激戦区で知られる、東京・下北沢。



そんな下北沢に、和スイーツブランド「大三萬年堂HANARE」が監修する、進化系芋スイーツ専門店「をかしなお芋 芋をかし」がオープンします。



見たことのないような、ユニークなビジュアルのお芋スイーツはチェック必須。人気爆発間違いなしだから、8月20日(土)のオープン前に下調べしておきましょ。



“エモい”芋スイーツ専門店「をかしなお芋 芋をかし」って?



をかしなお芋 芋をかしの「ぷっくり芋ブリュレ」



「をかしなお芋」をテーマに、完熟さつまいもを使用した進化系スイーツを展開する「をかしなお芋 芋をかし」。



店名に入っている「芋をかし」とは、「芋」と「いとをかし」をかけた言葉なんです。



をかしなお芋 芋をかしの店舗のビジュアル



古語のひとつでもある「いとをかし」は、「いと=とても、非常に」と「をかし=趣がある、面白い、見事だ、かわいらしい」を合わせた、非常に幅広い意味を持つ言葉。



現代でいう“エモい”に似たようなニュアンスだといいます。



そんな「いとをかし」にインスピレーションを受け、素材にこだわりつつも四季の趣を感じられる、遊び心たっぷりの芋スイーツを提案していくそうですよ。



なにこれ、めちゃくちゃユニーク!これはコンプリートしたいかも



「をかしなお芋 芋をかし」が定番として展開するメニューは7つ。そこに2種類の夏季限定メニューも加わり、全9品がお目見えします。



ここで、とってもユニークな商品をいくつかピックアップしてご紹介しますね。



をかしなお芋 芋をかしの「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」



「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」(税込980円)は、芋モンブランの中にたくさんの“をかしな”素材詰め込んだパフェなんです。



上に乗っているのは新感覚マシュマロ。スプーンで叩くと“ぽんぽん”と揺れ、バーナーで炙ると中から芋クリームがとろけてくるという、なんとも不思議な感覚が楽しめちゃいますよ。



添えられたカット焼き芋でクリームをディップすれば、また違った芋の美味しさが味わえます。



をかしなお芋 芋をかしの「恋来、飲む焼き芋」



芋なのにゴクゴク飲めちゃう、新感覚の“をかしな”ドリンク「恋来、飲む焼き芋」(税込650円)。



『黄芋』と『紫芋』の2層がまるで夕日のように綺麗で、そこに芋と豆乳を合わせたまろやかな口当たりがたまりません。ホイップクリームやみたらしソースとの相性も抜群なんですよ。



ストローには“をかしな恋みくじ”付き。訪れるたびに注文したくなりそうです。



をかしなお芋 芋をかしの「しゅわっと金魚ポンチ」



「しゅわっと金魚ポンチ」(税込600円)は、“金魚すくい”をモチーフとした、夏季限定のドリンクメニュー。



特製の飲むゼリーが入ったラムネに、琥珀糖や自家製芋団子、みかんをあわせた“飲むフルーツポンチ”です。



まるで金魚が泳いでいるかのようなビジュアルが、夏の風情を感じさせてくれますよね。



をかしなお芋 芋をかしの「夏芋のモンブランかき氷」



夏季限定メニューの「夏芋のモンブランかき氷」(税込950円)は、削り方にもこだわったふわふわの氷に、濃厚な芋モンブランクリームをたっぷりとのせた一品。



中には、大豆グラノーラや煎り黒豆、カスタードクリームなどが入っており、仕上げに芋の甘露煮と芋チップスがトッピングされています。



オプションで「黒蜜ソース」(100円)を追加するのもアリですよ。



見た目も味も大満足だから、何度でも訪れたくなりそうだね



をかしなお芋 芋をかしの「をかしなお芋の枯山水 “芋庭”」と「糖蜜焼き芋サンド」



「をかしなお芋 芋をかし」には、ご紹介したスイーツのほか、石庭をイメージしたものや芋を丸ごとサンドしたものなど、ユニークなメニューが揃います。



豊富なバリエーションに加え、味や見た目にもこだわっている同店は、何度でも訪れたくなりそう。



お近くにお出かけの際には、ぜひチェックしてみてくださいね。



をかしなお芋 芋をかし 下北沢

場所:東京都世田谷区北沢2-12-15

営業時間:11:00~20:00

定休日:不定休

公式サイト:https://imowokashi.base.shop/





カテゴリ