マイケル・ベイ製作、ロックダウン中のLAで撮影されたパンデミック・スリラー

マイケル・ベイ製作、ロックダウン中のLAで撮影されたパンデミック・スリラー

 映画『アルマゲドン』(1998年)や『トランスフォーマー』シリーズで知られる“ハリウッドの破壊王” マイケル・ベイのプロデュース、ロックダウン下のロサンゼルスで最初に撮影されたハリウッド作品『ソングバード』が10月7日より全国公開される。



【動画】映画『ソングバード』予告編



 同映画は、2020年7月、新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、リアルな緊迫感を伴った都市空間――外出制限の真っ只中のロサンゼルスで撮影された。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。2024年、到死率56%、死者数は1億1千万人を超え、隔離を余儀なくされた世界に、希望はあるのか? 近未来への警鐘でもある戦慄のパンデミック・スリラーだ。



 解禁された新ポスタービジュアルは、灰色の背景にタイトルにもあるバード=鳥のシルエットが中央に大きく配され、その中に緊迫感伝わる各キャストの表情が見て取れ、それぞれ違ったカラーが入り混じった印象的なデザインとなっている。さらに「これは未来への警鐘」というコピーも並び、奇しくも新型コロナウイルスの脅威を経験した我々にとって、決して非現実的な想像の産物ではない、すぐ身近にある近い未来に我々人類が直面するかもしれない世界を想像させるビジュアルとなっている。



 あわせて公開された予告編映像では、パンデミックにより街はロックダウンされ、外出禁止令が発令されている中、銃を向けられた男が「僕は免疫者だ」と手を掲げる衝撃的なシーンから始まる。愛する人との接触さえも禁止され、免疫者が配達員となり必要物資を届け、それを赤外線消毒をしたうえで受け取る。日々検温を行い、体温が高いと自動で通報、感染者はQゾーンと呼ばれる隔離キャンプに強制的に入れられる。厳格な管理社会と化した世界は、もはやディストピアだ。



 主人公は、ウイルスに免疫がある運び屋ニコ。彼は、ロックダウン下で恋に落ち、ドアやスマートフォン越しに愛を通わせる恋人サラと、いつか顔を合わせて触れ合うことを夢見ていた。しかし、ウイルスの脅威がさらに増し続けるうち、サラの感染が疑われはじめ、彼女は「Qゾーン」と呼ばれる施設に徹底隔離されそうになる。組織の陰謀が渦巻く中で、ニコはサラを救う唯一の方法を求めて、荒廃したロサンゼルスの街を必死に駆け抜けるが…。



 映像には、組織に抗う姿や激しいガンアクションのシーンも。その世界では、免疫を持つ者の思うがままなのか? 閉塞した終わりが見えない世の中で、我々は「生きる」ための希望を見つけることができるのか? 本編の公開が待ち遠しい映像となっている。

カテゴリ