映画『もっと超越した所へ。』原作者・根本宗子の推しは前田敦子「人生で一番課金した相手」

映画『もっと超越した所へ。』原作者・根本宗子の推しは前田敦子「人生で一番課金した相手」

 俳優の前田敦子が主演する映画『もっと超越した所へ。』(10月14日公開)より、前田演じる恋愛間違えがちなデザイナー・真知子をひも解く場面写真が解禁となった。



【画像】アトリエ兼自宅の真知子



 劇作家・根本宗子の原作・脚本を、山岸聖太監督が映画化した本作は、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地とパワーが引き起こすミラクルを痛快に描く。



 真知子(前田)が大きなカラー(付け襟)が印象的な服を着ている場面は、久しぶりに再会した同級生のストリーマー・怜人(菊池風磨)が初めて部屋を訪れた日のもの。はにかむ笑顔は、新しい恋愛の始まり? もう後悔しないよね?といった、戸惑いと期待が入り混じっているようだ。カラフルでやわらかなテキスタイルのカーテンやクッション、愛くるしいぬいぐるみたちに囲まれている彼女の部屋から、数々の個性的な衣装を作り出すデザイナーとしてのこだわりも感じられる。



 また、もう1枚はアトリエ兼自宅の様子が垣間見える写真。さまざまな生地や糸、ボタンやリボンが壁に整然と配列され、自分の世界観を作り出す真知子の真面目で丁寧な仕事ぶりをうかがわせる。この部屋に転がり込んできた怜人のペースに 巻き込まれながらも、つい受け入れてしまう恋愛間違えがちな真知子は、果たして 自分だけのハッピーエンドをつかめるのか?



 前田が演じる真知子役は、舞台では原作・脚本の根本自身が演じていた。根本はアイドル時代の前田を初期の頃から応援しており、秋葉原のAKB48劇場に通い、握手会に参加したこともあるなど、「わかりやすく言うと、人生で一番課金した相手です(笑)」と打ち明け、「自分がやっていた役を前田さんに演じてもらえて本当に幸せです」と喜びもひとしおだ。
カテゴリ