駅から徒歩3分、なのに隠れ家みたいって超新鮮。新宿へのお出かけついでに、こだわりのコーヒーを1杯いかが?


8月26日(金)、東京・新宿駅東口に、“シングルオリジンコーヒー”の専門店「COVERT COFFEE(コバート コーヒー)」がオープン。



コーヒー好きさんにおすすめなのはもちろん、新宿でちょっと一息つきたい時にもぴったりの、駅近立地がうれしいお店です。



新宿駅近くに隠れ家カフェ「COVERT COFFEE」がオープン



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」



このたび新たにオープンする、「COVERT COFFEE」



店名の「COVERT」とは、英語で「隠れた」「密かな」という意味を持つ言葉です。“新宿の隠れた居心地の良い場所で、おいしい1杯を届ける”という意味を込めて名付けられたそう。



地下1階の“隠れた”場所にお店を構えながらも、新宿駅から地下道を通れば、雨の日も濡れることなく徒歩1〜3分ほどでアクセスできちゃう、うれしい立地が魅力の1つです。



ブレンドは一切扱わない“シングルオリジンコーヒー”の専門店



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」のハンドドリップコーヒー



何より特徴的なのが、ブレンドコーヒーを一切提供しない、“シングルオリジンコーヒー”の専門店だという点。



シングルオリジンとは「単一品種」を指す言葉で、これは生産国や品種だけでなく、農園(生産者)や加工方法まで、すべてが単一であるということを意味しています。



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」で使われるコーヒー豆



同じ国・地域で栽培されているコーヒーでも、実は農場が違うだけでフレーバーが変わるというからびっくり。



そのためCOVERTでは、扱う豆それぞれに、生産国・地域・標高・加工方法・特徴的なフレーバーを記載しているそうです。



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」のドリンクメニュー



「この1杯にどれだけの努力や情熱がかかっているか」と想いを馳せながら味わってみれば、より深いコーヒーの世界の扉を開けるかもしれません。



自分にピッタリの豆を見つけてみるのも、シングルオリジンの楽しみ方の醍醐味だといいます。



また、そうした産地の個性を十分に引き出す“ライトロースト”にこだわりがあるそうで、豆はすべて神保町「GLITCH COFFEE(グリッチ コーヒー)」のものを使用しているんだとか。



コーヒーにスイーツを味わったら、お土産に豆も買ってみない?



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」の店内



店内では、こだわりの豆を使った「ハンドドリップコーヒー」(700円〜)や「カフェラテ」(600円〜)に加え、「バナナブレッド」(350円)や「スコーン」(350円)なども楽しめます。



コーヒー豆(1300円/100g〜)も販売予定とのことなので、お店で飲んでみて気に入ったら、自宅用に豆を購入しちゃうのもあり!



思いがけずコーヒー沼にハマっちゃうかも…!



新宿に新しくオープンするシングルオリジンコーヒー専門店「COVERT COFFEE」の店内



新宿で突然の雨に見舞われ、雨宿りのつもりで立ち寄ったら、思わぬコーヒーの奥深い世界のトリコに…なんてこともありえそう。



正式オープンに先駆けて、8月22日(月)にはプレオープンが予定されているので、コーヒー好きさん、カフェ好きさんはいち早く足を運んでみては?



お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。



COVERT COFFEE <8月26日(金)オープン ※8月22日(月)プレオープン>

住所:東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビルB1F

営業時間:10:00〜21:00

定休日:不定休(施設休館日に準ずる)

公式HP:https://www.covertcoffee.jp

公式Instagram:@covert_coffee





カテゴリ