鹿児島県霧島市の黄金酒蔵から、焼酎の新ラインナップ「三国志」シリーズが登場

鹿児島県霧島市の黄金酒蔵から、焼酎の新ラインナップ「三国志」シリーズが登場


「黄金酒蔵」は、新作焼酎の開発にあたり「CAMPFIRE」にてプロジェクトを開始した。同プロジェクトで販売する新作焼酎は、全種類数量限定、今回限定の内容となっている。

黄金酒蔵


「黄金酒蔵」は、昭和24年より焼酎造りを続ける老舗の焼酎蔵。鹿児島県霧島市にて「美味しく安心して飲める」、「体に優しい焼酎造り」を企業理念とし、「遠赤焙煎仕込法」、「PH値転換蒸留法」、「芋麹の製造及び芋麹を用いた焼酎」など、他にはない製造法で、ユニークで美味しい商品づくりを行ってきた。

最近では「蘭」「東五」「薩摩さくら」などの定番商品の他、「麦の呼吸」「芋の呼吸」といった新商品の開発も積極的に行っている焼酎酒蔵だ。また蔵のある霧島市横川町は、かつては金の採掘も行われていた土地であり、蔵名の由来の一つとなっているという。

仕込み水



「黄金酒蔵」は、大きな水源といわれるほど豊富な水量を誇る霧島山系の水を仕込み水として使用する。この仕込み水は「蒼き水」と呼ばれ、酵母の増殖に必須なミネラルを多く含み、発酵を助ける効果が期待できる。

全芋焼酎「蘭」



芋焼酎は一般的に、1次仕込みに米、2次仕込みに芋で造られる。麦焼酎は1次仕込みに麦・2次仕込みに麦、米焼酎は1次仕込みに米・2次仕込みに米、と同じ原料で造られるのに対し、芋焼酎だけは芋の麹化が技術的にできなかったため、1次仕込みに米を使っていた。

純粋な芋100%の焼酎は技術的に難しいというのが業界の常識だったそうだ。その様な状況下において、同社は不可能と言われてい芋の麹化に成功し、1次仕込みに芋・2次仕込みも芋を使った全芋焼酎の開発に成功した。「黄金酒蔵」の主力商品である「蘭」は1次仕込みに芋・2次仕込みも芋で造られる全芋焼酎だ。

本格焼酎「三国志」シリーズ


同社は、三国志の魏・呉・蜀の国ごとにそれぞれ違う味わいの焼酎で、各武将ごとのイメージで仕上げを行い、それぞれ異なる個性を持つ本格焼酎を作った。

近年、話題となった「キングダム」の影響で古代中国の歴史が話題になったことに着想を得て、同プロジェクトを企画した。「キングダム」の舞台は春秋戦国時代(紀元前770~紀元前221年)だが、その次に動乱の時代となった約400年後三国志をテーマに、焼酎造りに挑戦。

春秋戦国時代と三国志の関係


「キングダム」でも有名な新三大天候補の司馬尚、この子孫が三国志時代に活躍する。それが司馬懿だ。孔明のライバルと言われる魏の武将だ。この様に「キングダム」の時代に活躍した武将の子孫が三国志でも出てくる。「キングダム」ファンの人も三国志ファンの人も歴史好きの人にも喜んでもらえるような焼酎作りを目指すそうだ。

本格焼酎「三国志」シリーズを紹介しよう。

記事冒頭画像の「劉備」「関羽「張飛」「孔明」は、蜀・国産米にこだわった米麹(黒麹)で作った芋焼酎をベースに開発。


「曹操」「夏候惇」「張遼」「司馬懿」は、魏・個性の強い芋麹(黒麹)で作った全芋焼酎をベースに開発。


「孫堅」「孫策」「孫権」「周瑜」は、呉・存在感はあるが主張しすぎない麦焼酎をベースに開発。

いずれも、内容量は720mlとなっている。

その他詳細、リターンに関してはプロジェクトページで確認を。

魏・呉・蜀、三国の有名武将の名前を冠した焼酎を「CAMPFIRE」でチェックしてみては。

CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/profile/atstar/projects

(角谷良平)
カテゴリ