JTEXが、技能検定「機械保全科」学科試験免除通信教育コースの申込受付を開始

JTEXが、技能検定「機械保全科」学科試験免除通信教育コースの申込受付を開始


「日本技能教育開発センター(JTEX)」は、10月1日(土)開講の国家資格である技能検定「機械保全科」の学科試験免除通信教育コースの申込受付を開始した。

JTEXについて


「JTEX」は設立以来、通信制による認定職業訓練、ものづくり現場の実学を主とした技術・技能を高める通信制生涯訓練、国家技術資格支援、現場の実学を主としたセミナー及び研修事業を実施し、多くの技能者・技術者の育成とその能力向上に寄与してきた。

現在、利用企業は4万社を超え、創業51年目を迎えた。その中でも、基幹事業として展開している「技能検定」の学科試験免除通信教育コースは、全国において、数多くの「技能士」育成に寄与している。

機械保全技能士の概要


「機械系保全作業」は、工場等の生産ラインに据え付けられている各種機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し、保全する作業だ。

「電気系保全作業」は、各種機械設備の自動制御装置等の電気系を中心とした点検・修理等の保全作業。

「機械系保全作業」「電気系保全作業」とも難易度により、1級と2級、3級に分かれている。

JTEX機械保全技能士 学科試験免除コースについて


「JTEX」が実施する「認定職業訓練」は、職業能力開発促進法に基づき、年1回の開講で、通信教育とスクーリングを行い、修了者には東京都知事の公印の入った認定職業訓練修了証書を授与、技能検定受検に際して学科試験免除の資格を与えるものだ。なお、学科試験免除該当コースは1・2級の「機械系・電気系」作業となっている。

同講座の進め方をみてみよう。

通信教育/レポート提出



テキストにより学習を進め、レポート問題を解くことにより実力を養成。通信添削指導期限内の全レポート合格が修了条件のひとつとなる。レポートは全6回提出し、60点以上が合格、59点以下の場合は、再提出となる。添削には、約2~3週間要するので、遅れのないように学習を進めよう。学習を進める中でわからない点は「質問券」で質問できる。

スクーリング/面接指導



開講年の翌年の6・7月(一部会場は5月と7月)の連続する土曜・日曜日の2日ずつ、合計4日間、延べ21時間のスクーリングを行う。

会場は全国およそ20か所を予定している。

規定時間80%以上の出席が修了条件のひとつとなる。欠席のないように参加しよう。

修了時試験


スクーリング4日目の最終日に、全国一斉で修了時試験が行われる。試験はマークシート方式の2択問題で行われ、100点満点中、65点以上を取得することが修了条件のひとつ。出題は事前に提出したレポートの内容や、4日間のスクーリングの指導内容が中心となる。

修了認定



「通信教育レポート提出」「スクーリングへの出席」「修了時試験での65点以上取得」以上の修了条件を満たした人には、東京都知事の公印の入った認定職業訓練修了書が授与される。

これにより技能検定の学科試験が免除となり、別途、指定試験機関の行う実技試験を合格すれば、技能士として認定される。

その他詳細に関しては、「JTEX」公式サイトで確認を。

興味のある人は、「機械保全科」の学科試験免除通信教育コースをチェックしてみて。

JTEX公式サイト:https://www.jtex.ac.jp/

(角谷良平)
カテゴリ