リニューアルオープンする「横浜マリンタワー」の展望フロアと2階で企画展を開催

リニューアルオープンする「横浜マリンタワー」の展望フロアと2階で企画展を開催


「リスト」の連結子会社である「リストプロパティーズ」が運営する「横浜マリンタワー」は、リニューアルオープンの9月1日(木)より、展望フロア30階メディアアートギャラリーでの企画展「Codistance(コディスタンス)」及び、2階アートギャラリーでの企画展「森洋史の海物語」を開催する。

展望フロア30階メディアアートギャラリー



夜の展望フロアでは、横浜の風景と重ね合わせて映像の新しい表現を生み出しているメディアアーティストの作品を体験できる空間となっている。

企画展「Codistance」のアーティストはMIRAI SHIKIYAMA氏だ。

MIRAI SHIKIYAMA氏について


MIRAI SHIKIYAMA氏は、1994年生まれのアーティスト。アート制作とコンピューターサイエンスを学びながら青年期をアメリカで過ごし、Academy of Art Universityビジュアル映像科を卒業。コンピューターグラフィックによる未来の地球をイメージさせるシュルレアリスム、鮮やかな配色のメンフィススタイルなどを組み合わせた独自の視点でグラフィック、映像、空間デザインを制作している。

ナイトチケット入場料は、平日が高校生以上の一般1,200円、小中学生は700円、未就学児無料。土日祝日が、一般1,400円、小中学生800円、未就学児無料だ。表示は全て税込となる。

なお、GW/お盆など施設が定める特定日、及び初日の出/花火大会などの企画営業については、上記料金とは異なるので注意を。

2階アートギャラリー「森洋史の海物語」



2階アートギャラリーで開催される「森洋史の海物語」のアーティストは、森洋史氏。森洋史氏は、1977年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科油画技法・材料修士課程修了。

アニメやマンガ、ゲームからの引⽤、宗教画の伝統的な⻩⾦背景を最新技術のUV印刷によってマンガ⾵に変換するなど、古典やポップ・アートの名画といった既存のイメージを組み合わせ、アートにおけるオリジナルとは何かを追求したパロディを仕掛けた作品を制作している。「森洋史の海物語」の入場料は、無料だ。


「Codistance」と「森洋史の海物語」共に、開催期間は、9月1日(木)~12月末日の予定。その他詳細は、「横浜マリンタワー」公式サイトで確認できる。

リニューアルオープンする「横浜マリンタワー」へ訪れ、企画展を楽しんでみては。

■横浜マリンタワー
所在地:神奈川県横浜市中区山下町14番地1
展望営業時間:デイチケット入場時間午前10時~午後6時(午後5時半最終入場)
ナイトチケット入場時間:午後6時~午後10時(午後9時半最終入場)
営業再開日:9月1日(木)正午
公式サイト:https://www.marinetower.yokohama/

(角谷良平)
カテゴリ