「魔法のジップロックトング」で海洋ごみ問題に向き合う海浜清掃ゲームイベント開催中

「魔法のジップロックトング」で海洋ごみ問題に向き合う海浜清掃ゲームイベント開催中


旭化成ホームプロダクツが、循環型社会の実現を目指した「Ziploc RECYCLE PROGRAM」の第2弾として、テラサイクルジャパン、永塚製作所とコラボ。ジップロックコンテナーをリサイクルしたごみ拾いトングを製作した。


そしてさらに、SDGs活動を推進するウォルト・ディズニー・ジャパン監修によるオリジナルデザインの「魔法のジップロックトング」も製作。8月31日(水)まで神奈川県の江の島海岸にて、海浜清掃SDGsゲームイベント「魔法のジップロックトングで探せ!GOMIS(ごーみーズ)」を開催中だ。

使用済みのジップロックを回収し別の製品に


「Ziploc RECYCLE PROGRAM」は、一般家庭から使用済みのジップロックを回収し、別のプラスチック製品に作り替えることで廃プラスチック問題の解決に貢献する活動で、2020年にスタートした。第1弾では、年間8000万本(※)も消費されるビニール傘の廃棄問題に着目し、ジップロックバッグをリサイクルした傘をシェアリングサービスに活用する活動を行っている。


今回の第2弾では、回収、リサイクルされた使用済みのジップロックコンテナーが、永塚製作所の製作したごみ拾いトング「MAGIP(マジップ)」のグリップ部分に生まれ変わり、「魔法のジップロックトング」が完成した。この新たなゴミ拾いトングは、海岸や河原などの環境保全・清掃活動団体などへと寄贈される。

ミッションクリアで「GOMISカード」と交換できる



旭化成ホームプロダクツが開発したオリジナルSDGsゲーム「魔法のジップロックトングで探せ!GOMIS」は、ゲームとして海岸のごみ拾いを行うことで海洋ごみ問題について楽しみながら学び、考えることができるゲーム。“体験型のSDGsゲーム”として、8月20日(土)~31日(水)の期間限定で江の島海岸にて開催中だ。


受付で配られるゲーム用台紙には、NPO法人海さくら代表の古澤純一郎氏が監修した捨てられやすい9種のごみを拾うミッションが記載されており、「魔法のジップロックトング」を使ってミッションをクリアしていくと、ジップロックオリジナルキャラクターの「GOMISカード」と交換できる。


「GOMISカード」には、大人気のデザイナー・イラストレーターであるしばたまさんの描き下ろしイラストと、各ごみの紹介や課題が記載されており、ゲーム用台紙は、ごみ拾いを通じての学びを記入できるようになっている。

初日には総勢170名が参加し、91袋分の海ごみを回収



「魔法のジップロックトングで探せ!GOMIS」初日の8月20日(土)には総勢170名が参加し、ごみ拾いトングを使って海岸中のごみ拾いに取り組んだ結果、合計91袋分(燃えるごみ68袋、燃えないごみ23袋)の海ごみが回収された。

8月31日(水)までは、江の島海岸のちびっこBEACH SAVERパークにて、「魔法のジップロックトングで探せ!GOMIS」に必要なごみ拾いトングの貸し出しやゲーム用台紙、「GOMISカード」の配布を実施している。会場入り口のスタッフにゲームへの参加希望を伝えるとゲームセットがもらえるので、参加してみて。なお、数量限定につき、先着順での配布となっている。

■魔法のジップロックトングで探せ!GOMIS
開催期間:8月20日(土)~31日(水)
会場:江の島海岸 ちびっこBEACH SAVERパーク
会場URL:https://chibibeach.com/

旭化成ホームプロダクツ サステナブル方針:https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/sustainability/
Ziploc RECYCLE PROGRAM:https://www.terracycle.com/ja-JP/brigades/ziploc

※環境へ与える傘の廃棄問題 Environmental issue of Umbrella(サレジオ工業高等専門学校 デザイン学科 価値創造研究室)

(fukumoto)
カテゴリ