アートを楽しみながらアートを応援する!公募展「15 ×15 みんなの展覧会」が開催

アートを楽しみながらアートを応援する!公募展「15 ×15 みんなの展覧会」が開催


「中本誠司現代美術館」は、全員参加型の公募展「15 ×15 みんなの展覧会」を10月15日(土)~22日(土)に開催する。

アートを楽しみながらアートを応援する




同館のボランティアが結成する実行委員会が「アートを楽しみながら アートを応援する」をテーマに公募展を企画し、現在参加作品を募集している。

同館は、長年中本誠司氏の作品や、アーティストの作品の発表の場であり、交流の場にもなってきた。



補助金などに頼らない私立の美術館で、有志の寄付やボランティアなどによって支えられている。



同館は、建築されて45年がすぎて老朽化が進み、大規模な改修工事が必要な状態だ。



同展を通して、集まった金銭は改修費の一部となるそうだ。

縦横15cmx15cm以外は自由


誰もが参加しやすい公募展で、サイズは縦横15cmx15cm。それ以外はテーマ、素材も自由。プロアマ、性別、年齢、人種、国籍を問わない。

全ての応募作品は、普段アーティストにしか解放されない同館のギャラリーに展示される。

応募について


応募締め切りは9月21(水)。作品郵送期間は、9月1日(木)~30日(金)必着。

募集対象は誰でも。ただし、イベントの趣旨を理解している人となるので注意を。

出品規定


作品テーマは自由。作品のサイズは、15cm×15cmのぴったりの寸法で折り紙と同じサイズだ。画材・素材は平面であれば自由。

また、手法も水彩、油彩、コラージュ、版画、写真、ミックスアートなど自由だ。

参加料


参加料は、1点につき2000円で、1人何点でも応募できる。

注意事項


作品は全て「中本誠司現代美術館」に寄付される。なお、応募作品の所有権は主催者に帰属する。

すべての作品は一点2000円で販売される。また、応募作品は、本人のオリジナルの作品に限り、返却できない。各作品のみが展示され、作品証は購入者のみに公開される。

ユニークな試みである、全員参加型の公募展「15 ×15 みんなの展覧会」に作品を応募してみては。

■15 ×15 みんなの展覧会
展示期間:10月15日(土)~22日(土)11:00~17:00
会場:中本誠司現代美術館 1階ギャラリー
住所:仙台市青葉区東勝山2-20-15
「15 ×15 みんなの展覧会」URL:https://seishi-nakamoto.square.site/

(角谷良平)
カテゴリ