サクラ、クリ、そしてクルミ。どれが手に入るかはお楽しみ!「BAUM」の定番アイテムに限定パッケージが登場


「木」という文字が、漢数字の十と八から成り立っているように見えることから、10月8日(土)は『木の日』なんだとか。



そんな『木の日』に合わせて、木製パーツを使ったパッケージが特徴的なスキン&マインドブランド「BAUM(バウム)」から、限定デザインのローションが登場しますよ。



活用方法が限定されてしまう『森の端材』を使ったサステナブルなアイテムで、美しい森を守る活動の輪に加わってみませんか?



樹木資源を未来につないでいくブランド「BAUM」



“樹木との共生”を掲げる「BAUM」は、パッケージに使うオークの植樹をするなど、森の循環にも着目した活動に取り組んでいます



「BAUM」は“樹木との共生”を掲げ、樹木のパワーに注目したスキンケアアイテムなどを展開する他に、木製パーツに使用しているオーク(ナラ)を植樹するなど、森の循環にも着目した活動にも取り組んでいるといいます。



2020年にブランドが誕生して以来、10月8日の『木の日』には「樹木の恵みを余すところなく受けとり、感謝し、樹木資源を未来につないでいく」、というブランド哲学を発信するイベント『BAUM TREEDAY』を開催するなど、樹木の素晴らしさを伝える活動を積極的におこなっているんですよ。



サクラ/クリ/クルミ、3種の『森の端材』を使った限定パッケージ



サクラ/クリ/クルミの樹木をパッケージの木製パーツに使った限定パッケージの、「BAUM ハイドロ エッセンスローション 60 限定デザイン 森の端材」がお目見え



2022年は、サクラ/クリ/クルミの樹木をパッケージの木製パーツに使った、「BAUM ハイドロ エッセンスローション 60 限定デザイン 森の端材」(税込4400円 ※編集部調べ)がお目見え。



特定の樹種を採取する時に一緒に伐採される、多様な樹木を『森の端材』と命名し、それらを使った数量限定デザインになっているといいます。



樹種によって異なる質感の限定パッケージは数量限定での展開のため、気になる方は早めの購入がおすすめ



樹種によって微妙に異なるカラーや質感が、自然そのものを表していてとっても美しい…。



木材の種類は選ぶことができないため、どの樹木が自分の元に巡ってくるか、ワクワクしながらパッケージを開けてみてくださいね。



樹木をセレブレイトする、『BAUM TREEDAY』も要チェック



ブランド哲学を発信するイベント『BAUM TREEDAY』では、ナビゲーター役のモデル・TAIRAさんと共に、日本の森林課題や活用法などを学べるそう



今年の『BAUM TREEDAY』では、ナビゲーター役のモデル・TAIRA(タイラ)さんと共に、日本の森林が抱える課題や、森の循環、その素材を活かす方法などについて学べるといいます。



『BAUM TREEDAY』の詳細は9月27日(火)より、「BAUM」の公式インスタグラムにて順次投稿されるそうなので、気になる方はぜひチェックしてみて!



「BAUM」公式サイト

https://www.baumjapan.com/

「BAUM」公式Instagram

@baum_global



カテゴリ