内田理央、毎回違う“彼氏”と「結婚します!」 升毅&美保純と親子役で共演

内田理央、毎回違う“彼氏”と「結婚します!」 升毅&美保純と親子役で共演

 俳優の内田理央が、BS松竹東急(BS260ch・全国無料放送)のオリジナルドラマ『お父さん、私、この人と結婚します!』(10月8日スタート、毎週土曜 後11:00)で主演を務めることが発表された。「この人と結婚したい!」と毎回、違う男を連れてくる娘と、父親と母親、3人家族のドタバタ劇をシットコム形式で描く1話完結型のホームコメディ・ドラマ。升毅、美保純が共演する。



【画像】3人のキャラが表れたキービジュアル



 これまで『おっさんずラブ』(テレビ朝日)、『向かいのバズる家族』(日本テレビ)などの話題作に出演し、主演ドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京)では性依存系女子という難しい役どころを体当たりで演じ、役の幅を広げた内田が、本作では雑誌編集の仕事で出会った“彼氏たち”を次々と実家に連れて来て結婚相手として両親に紹介する自由奔放な主人公・矢吹なぎさを演じる。「仕事や結婚に自由な考え方は自分と少し近いのかなと思っています」と、コメントしている。



 頭が固く世の中の変化に疎い父・矢吹慎太郎(やぶき・しんたろう)役に升。そして、娘の良き理解者で美容と韓国ドラマが大好きな母・矢吹時子(やぶき・ときこ)役に美保が扮し、物語を盛り上げる。



 なお、内田、升、美保は、連続ドラマ初共演ながら、息の合ったアドリブ満載の掛け合いをみせ、「みんなで撮影を乗り越えた時の達成感はものすごかった」と内田。そのケミストリーはキービジュアルにも表現されている。矢吹家のリビングを背景に、タイトルさながら「私、結婚します!」と宣言する娘と、喜ぶ母、「許さーーーん!」と猛反対する父という劇中の1シーンを切り取ったような家族の姿が描かれ、これから巻き起こるであろう騒動(!?)を予感させる仕上がりとなっている。 



 娘の結婚をテーマに描いたコメディでありながら、現代の社会問題もちょっと盛り込んだ、ある優しい家族の物語。



 娘が連れて来る“彼氏”は、元ホストやプロレスラー、フランス語講師、怪談師と職業もさまざま。そこには社会の多様化もリンクしている。「男は黙って背中で語る」をモットーとし、台所にはいっさい立たず、妻を名前で呼ばず「おい」と呼ぶ“THE 昭和の男”慎太郎を、なぎさや時子がどのように説得(!?)していくのか。そして、迷える(?)家族が最後に見つけた答えとは!?  変化する社会、新たな価値観にどう向き合い、この先の自分の生き方をどう見つけていくのか。頑固ながら漠然と不安を抱えていた父親の“変化”と“気付き”で共感を誘う。



 なお、なぎさの個性豊かな“彼氏たち”は後日、発表予定。



■内田理央(矢吹なぎさ 役)のコメント



 ワンシチュエーションで、毎話、個性的な彼氏がやって来る…今まであまり見たことのない企画だったので、魅力的に感じました。脚本・演出の益山貴司さんとは以前舞台でご一緒したことがあったのですが、台本を読んでまず、さすが益山さんだ!と思いましたね。アイディアがめちゃくちゃ面白くて、一気に読んでしまいました。



 今回、升さん、美保さんにお会いした時、このお二人とだったら絶対に楽しい!と直感で思いました。みんなで撮影を乗り越えた時の達成感はものすごかったです。(なぎさ役は)とにかく明るく元気に!というのをモットーに、ムキになったり頑固なところはお父さんを、ちょっと適当なところや楽観的な所はお母さんを意識して演じました。



 毎度違う彼氏を家族に紹介してすぐ別れてしまうなぎさですから、惚れっぽく飽きやすいのかな? 仕事や結婚に自由な考え方は自分と少し近いのかなと思っています。慎太郎は、ザ・昭和のお父さん。でも仕事には真面目で家族思いで愛情深い。とても素敵だと思います。お父さんが話を追うごとにアップデートしていくのも見どころです。



 このドラマは、主人公のなぎさが毎話、個性的な彼氏を家族に紹介するコメディになっております。笑いあり、涙あり!家族の愛を感じられる作品です。皆さん、ぜひご覧ください。



■升毅(矢吹慎太郎 役)のコメント



 娘が毎回違う彼氏を連れて来るところから親子3人の生活が見える視点が面白いですね。台本も意図がわかりやすく面白かったです。同じ娘を持つ親として演じながらどんな気持ちでできるのかワクワクしました。理央ちゃんとは以前、映画で共演しましたが絡みは無く、美保さんとはトーク番組で1度。でもお二人とも会った瞬間から家族のような感じでした。撮影現場ではスタッフ・キャスト皆で手探りしながら作り上げていく感じが演劇的で素敵でした。



 (慎太郎は)かわいい親父だなと思いました。共通点は趣味(慎太郎はゴルフや登山?)に対して熱を注ぐ点です。新しい流行に疎く、古いしきたりを重んじる慎太郎に対して共感しつつも、僕自身はそういったものに関して比較的抵抗なく受け入れていくタイプかなと思いました。慎太郎がいろいろな婿候補に対してどのように変化していくかも注目してもらいたいです。



 お子様を持つ方は、もしも娘が変わった彼氏を連れて来たら?と想像が膨らむと思います。子どもの立場でも世代間のギャップや親の気持ちがふんだんに見える、ちょっとおかしい家族のエピソード満載です。笑いつつもいろいろ参考になるのでは? どうぞお楽しみにしてくださいませ!



■美保純(矢吹時子 役)のコメント



 家庭的で、昭和の父親の「娘を手放したくない」という気持ちが、明るく、シナリオになっているドラマで、実家に彼氏を気楽に連れて来るというかわいい内容だなと思いました。男子ならではの今時な会話が、よく書けていました。



 時子さんは、専業主婦であり、みんな仲良く主義。いるようで、リアルにこのような友達はいないです(笑)。自分とかぶるところも、まったくなく、すべて演じました。役者さん全員、楽屋が日本間一部屋だったのですが、休憩時間に理央ちゃんと私が仮眠していた時、震度3くらいの地震があり、飛び起きました。その時、私は パンケーキを持って逃げようとしていたのが、人間味あふれる思い出です。



 いつものリビングで和チャチャしている、なぎさの明るさが、見ていてスッキリ感。実家に帰る安心感、愛情いっぱいに、気がついたら、言葉にしよう!! これを観たら恥ずかしくなくなる、親子コミュ力、つくドラマだと思います。
カテゴリ