年の差カップルが実践する、相手を思いやる気遣い3選

年の差カップルが実践する、相手を思いやる気遣い3選

年の差カップルである場合は、打ち解けた雰囲気の中でも、

年齢差があることについてのきちんとした配慮が求められます。

相手を思いやる気遣いについて、3つほど紹介します。



人生経験の豊かさを尊重する


相手が年上である場合は、男性を立てるということを意識しましょう。

基本的にはリードしてもらうというスタンスの方がうまくいくことが多いです。

豊富な人生経験ゆえに、何かの決断に迫られたときに、

年上男性の方が正しい答えを導く可能性が高いからです。

おもしろい遊びやおいしい食事を出すお店をよく知っているのも、年上男性の特徴。

彼のことを頼もしく思えて、これまでの生き方を尊敬できるようになれば、

2人の関係はうまくいくことでしょう。


 


依存はしない


いつもリードしてもらう年上男性にはついつい甘えがち。

もしかすると、自分の父親のような存在感になっていて、

ついつい頼りにし過ぎるところもあるかもしれません。

もちろん、経済力もあって余裕のある男性は、

かわいい年下の彼女に甘えられてうれしいと思っていることでしょう。

しかし、そんな関係が長く続くと、男性にも負担が増えていく上に、

女性も依存心が強くなり、なかなか自立できなくなるというデメリットがあります。

甘え過ぎずに、適度な距離感を保つことが大切です。

そうすれば、彼がいろいろ彼女のためにやってくれることにも、

当然というような気持ちでは無くて、一つ一つに感謝が生まれます。


 


悲観的にならない


逆に女性の方がかなり年上の場合は、どうでしょう。

ここで大事なのは、男性は年を重ねる上で渋みを増して男らしさが出てくるのに対し、

女性は老けていくことへの抵抗感や悲壮感を抱きがち。

そういったときに、彼氏に対して悲観的になると、お互いむなしくなります。

そこはある程度分かって付き合いだしているはずなので、あまり意識し過ぎないように。

むしろ、年下の男性がそばにいることで、若々しさを保つ大きなきっかけになるはずです。


 



年の差カップルでは、男性が年上の場合と、女性が年上の場合とで、

相手に対する気遣いが少し変わってきますが、

共通するのはお互い適度な緊張感と距離感を保つことでしょう。

そうすれば、お互いに対しての感謝が生まれ、2人の関係が長続きしやすくなります。



カテゴリ