ひんやり濃厚モンブランのような味わい!フェアリーケーキフェアに「マロン生バターサンド」が限定で登場したよ


カップケーキとビスケットのお店「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」に、さまざまな“栗スイーツ”が続々登場!



新作の「マロン生バターサンド」などが、8月31日(水)に発売されました。



フェアリーケーキフェア グランスタ東京と、オンラインショップにて購入できますよ。



濃厚なモンブランの味わいがたまらない「マロン生バターサンド」



「Fairycake Fair」の「フェアリークリームウィッチ マロン生バターサンド」



今回お目見えした「フェアリークリームウィッチ マロン生バターサンド」(単品 税込420円※店頭のみ/ギフト箱5個入り 税込2100円)は、濃厚なモンブランの味わいが楽しめるという大人の生バターサンド。



贅沢に使用されたフランス産洋栗のペーストと、ラム酒のマリアージュがたまらないといいます。



ひんやりとした「フェアリークリームウィッチ マロン生バターサンド」



ひんやりと冷たいマロン生バタークリームが、香ばしいビスケットにマッチ。



しっとりとした食感と、とろんとした口当たりのかけ合わせが絶妙なんだそうですよ。



コーヒーや紅茶とペアリングすれば、甘い栗の風味がより引き立つというので試してみて。



こちらは8月31日(水)から10月末までの期間限定で販売され、無くなり次第終了です。



深い味わいの「宮崎県産須木栗のベイクドマロンカップケーキ」



「Fairycake Fair」の「宮崎県産須木栗のベイクドマロンカップケーキ」



普通の栗よりも風味が濃いといわれる「須木栗(すきぐり)」が丸ごと1つ入った、「宮崎県産須木栗のベイクドマロンカップケーキ」(5個入り/税込1900円)が今年もお目見え。



和栗特有のほっくりとした食感と深い味わいが堪能できちゃう、本格的なカップケーキなんだそうですよ。



「須木栗」が丸ごと1つ入った、「宮崎県産須木栗のベイクドマロンカップケーキ」



甘い和栗と、ほんの少しラム酒を効かせたケーキ生地は相性バツグン。



バニラアイシングの上には、砕いたマロングラッセや栗の形をかたどった砂糖菓子をトッピングするなど、リッチな見た目にもこだわってつくられた逸品です。



こちらは8月31日(水)から11月末まで販売予定。なくなり次第終了してしまうので、お見逃しなく!



店舗限定の「モンブラン」&「モンブランサンデー」もチェック



「Fairycake Fair」の「クラシックモンブラン」



8月31日(水)~11月末の期間、東京駅構内のフェアリーケーキフェア グランスタ東京では、「クラシックモンブラン」と「和栗のモンブランサンデー」も味わえますよ。



「クラシックモンブラン」(税込510円)は、ふんわり食感のスポンジケーキにカスタードクリームを詰め、生クリームと黄色いモンブランクリームを絞って仕上げられた、人気のフレッシュカップケーキです。



卵のコクがしっかりと感じられるスポンジ生地やカスタードクリームが、モンブランクリームの栗の風味をより一層際立たせているんだとか。



「Fairycake Fair」の「和栗のモンブランサンデー」



和栗の風味を心ゆくまで楽しめちゃう、新作サンデー「和栗のモンブランサンデー」(税込800円)も要チェック。



メレンゲを忍ばせたミルク感たっぷりのソフトクリームに、熊本産和栗のモンブランクリームがたっぷりと絞られています。



メレンゲのサクサクとした食感と、ほっくりとした和栗本来の甘味が至高の味わいなんだそう…!



こちらは各日数量限定で販売されるとのことなので、お早めの来店がおすすめです。



「Fairycake Fair」の「フェアリークリームウィッチ マロン生バターサンド」



ご紹介した「Fairycake Fair」の栗スイーツは、どれも期間限定での販売。



ぜひ絶品スイーツで、秋の味覚を楽しんでみては?



フェアリーケーキフェア グランスタ東京

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1(銀の鈴前)

営業時間:月~土 8:00〜22:00/日・祝 8:00〜21:00(グランスタ東京に準ずる)

オンラインストア:https://fairycake.jp/





カテゴリ