ダチョウ倶楽部・肥後&ジモン、上島竜兵さん死去後初めてファンの前に 『純烈ジャー2』舞台あいさつで応援ゲスト

ダチョウ倶楽部・肥後&ジモン、上島竜兵さん死去後初めてファンの前に 『純烈ジャー2』舞台あいさつで応援ゲスト

 ダチョウ倶楽部の肥後克広(59)と寺門ジモン(59)が1日、都内で行われたスーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)主演する映画『スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免』の公開初日舞台あいさつにゲストとして登場。今年5月に上島竜兵さん(享年61)が亡くなってから初めてファンの前に姿を見せた。



【動画】純烈、新メンバー・岩永洋昭がサプライズ登場!卒業の小田井涼平と熱い抱擁



 上島さんが亡くなった際にダチョウ倶楽部リーダー・肥後が「ダチョウ倶楽部は解散しません!2人で純烈のオーディションを受けます」とコメント。これを受けて、純烈リーダーの酒井が自身のツイッターで「合格ですよ!推すなって?純烈は推しますよ!」と「押すなよ」の応え、2組の合体が実現。純烈&ダチョウ倶楽部として楽曲「プロポーズ」が配信されている。さらに、先月31日には「白い雲のように」の配信も始まった。



 本作に出演していないが、大ヒットのための“熱い”応援ゲストとしてダチョウ倶楽部が登場。サプライズだったため、ファンは驚きながらも温かい拍手で迎え入れた。



 肥後は「温かく迎え入れてくれてありがたい」と話し、ジモンも「温かい純烈さんの愛に包まれてますよ」と笑顔を見せた。その後もヤーを連発し、観客をわかせていた。



 映画は、『NHK紅白歌合戦』への出場を果たし、2021年9月には、もう一つの目標であった主演映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が公開。彼らが世を忍ぶ仮の姿を持ち、皆の憩いの場である温泉施設を守るヒーロー・純烈ジャーとして、温泉の平和を乱す悪と戦う。本作から登場する巨大ロボは、その名も“銭湯巨神・純烈王”。純烈の「純」という文字が前立てとなったカブト型ヘッド、胸部には、雄たけびを上げるライオンが配置されたレリーフ、右手には「烈」とプリントされた巨大タオルを肩掛けし、左手には黄金の風呂桶を脇に抱える。そして、左肩には特設ステージが。まさに“スーパーロボットメカ”を彷彿させるような、神々しいシルエットとなっている。
カテゴリ