永野芽郁&奈緒、映画『マイ・ブロークン・マリコ』線香花火の場面写真

永野芽郁&奈緒、映画『マイ・ブロークン・マリコ』線香花火の場面写真

 俳優の永野芽郁主演、タナダユキ監督の映画『マイ・ブロークン・マリコ』(9月30日公開)より、永野演じるシイノと奈緒演じるマリコが2人っきりで線香花火をするシーンの場面写真が公開された。



【動画】インタビューに答える永野芽郁



 同映画は、2019年に無料WEBコミック誌「COMIC BRIDGE」で連載(全4回)された平庫ワカ氏の同名漫画が原作。鬱屈した日々を送るOL・シイノトモヨは、テレビのニュースで親友・イカガワマリコが亡くなったことを知る。学生時代から父親に虐待を受けていたマリコのために何かできることはないか考えたシイノは、マリコの魂を救うために、その遺骨を奪うことを決心する。マリコの実家から遺骨を強奪、逃走したシイノは、マリコの遺骨を抱いて“ふたり”で旅に出ることに。マリコとの思い出を胸にシイノが向かった先は…。



 劇中で、 “花火”は中学生の頃のシイノとマリコにとって忘れられない、2人の関係をまた特別なものにするキーワード。大人になり、広い屋上で肩を寄せ合いながら静かに線香花火をする2人の姿は映画の中でも象徴的に描かれる。



 原作漫画の平庫ワカ氏のイラストにインスパイアを受けて入れられた、このシーンは線香花火の着火時間が予想できないこともあり、本作の中でも撮影に最も時間を要したという。花火をしながらの2人の会話は、長回しで撮影され、撮影当日に急きょ足されたせりふも多くあったそう。秋を感じさせる気候が続く夏の終わりにぴったりな、柔らかい表情のシイノとマリコがどのような会話を交わしているのか気になる1枚となっている。
カテゴリ