南沙良、世にも奇妙な謎解きサスペンス「新鮮でした」 映画『この子は邪悪』インタビュー

南沙良、世にも奇妙な謎解きサスペンス「新鮮でした」 映画『この子は邪悪』インタビュー

 俳優の南沙良がこのほど、主演映画『この子は邪悪』(公開中)についてインタビューに応じた。予想外のストーリーと想定外のラストが待ち受ける、世にも奇妙な謎解きサスペンス。「常に不穏な空気が漂っている作品ですが、先の展開を予想しながら、考察しながら観ていただいたら楽しめる映画だと思います」「こういうジャンルの映画に出るのが初めてだったので、すごく新鮮でした」とアピールする。



【画像】そのほかの撮り下ろしフォトギャラリー



 かつて一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花。心理療法室を営む父・司朗は脚に障がいが残り、母・繭子は植物状態に、妹・月は顔に火傷を負った。そんな花のもとに、自分の母の奇病の原因を探る少年・四井純が訪れる。やがて花は純と心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年ぶりに目を覚ました繭子を連れて家に帰って来る。司朗は“奇跡が起きた”と久々の家族団らんを喜ぶが、花は“あの人はお母さんじゃない”と違和感を覚える。その時、街では謎の奇病が広がっていた…。



――心に傷を負った花をどのように演じようと思いましたか?



【南】心に傷を負ってしまっただけでなく、自分だけが無事だった罪悪感を抱えている女の子。つらい気持ちや苦しみを抑え込んで、自分の中だけで消化しようとするところは、自分に似ているな、思いました。共感できるポイントを見つけられたので、その部分を引っ張り出しながら、彼女の闇をふとしたときに表現できればいいなと思っていました。



――南さんも、一人で抱え込んでしまうタイプなのですか?



【南】なるべく自分のことは自分で解決したいと思っているタイプです。



――抱えきれなくなったりしないか、心配になります。



【南】何かあれば母に相談します。失敗したことやつらいことをグルグルと思い出していつまでも嫌な気持ちを抱えていたくないので、考えないように。頑張って断ち切って、抱え込みすぎないようにしています。



――今回の撮影でチャレンジングだったことは?



【南】こういうジャンルの映画に出るのが初めてだったので、すごく新鮮でした。



――純役の大西流星さんとは初共演、撮影現場での印象は?



【南】一緒のシーンがそこまで多くなかったのですが、台本にたくさんの書き込みをされていて、すごく真面目な方だなという印象を受けました。



――「予想外のストーリー」「想定外のラスト」が売りの本作ですが、視聴者にメッセージをお願いします。



【南】常に不穏な空気が漂っている作品ですが、先の展開を予想しながら、考察しながら観ていただいたら楽しめる映画だと思います。たぶん、その予想や考えがどんどん壊される作品だと、思います。基本的には、家族の物語なので、家族の形がいろいろと複雑化している中で、家族の形や愛の形についても、感じ取っていただけるものがあると思います。



――本作の撮影は2021年の夏だったそうですが公開するまでの1年間に、『鎌倉殿の13人』で大河ドラマ初出演も果たしました。父の野望に巻き込まれ、はかない生涯を閉じた大姫とのギャップも、この映画を観るモチベーションになるかもしれませんね。今後、どんな活躍をしていきたいですか?



【南】型にはまらない表現ができる人になりたい、とずっと思っています。イラストを描いたり、文章を書いたりするのも好きなので、いろいろな形でクリエイティブなことに挑戦していきたいです。表現することをあきらめないでいたい、と思ってます。
カテゴリ